SIMPLE SOLUTIONS

ATANH(3) - Linux manual

逆双曲線正接(inverse hyperbolic tangent)関数.

2010-09-11
ATANH(3) Linux Programmer's Manual ATANH(3)

atanh, atanhf, atanhl - 逆双曲線正接(inverse hyperbolic tangent)関数

#include <math.h> double atanh(double x); float atanhf(float x); long double atanhl(long double x); -lm でリンクする。 glibc 向けの機能検査マクロの要件 (feature_test_macros(7) 参照): atanh(): _BSD_SOURCE || _SVID_SOURCE || _XOPEN_SOURCE >= 500 || _XOPEN_SOURCE && _XOPEN_SOURCE_EXTENDED || _ISOC99_SOURCE || _POSIX_C_SOURCE >= 200112L; or cc -std=c99 atanhf(), atanhl(): _BSD_SOURCE || _SVID_SOURCE || _XOPEN_SOURCE >= 600 || _ISOC99_SOURCE || _POSIX_C_SOURCE >= 200112L; or cc -std=c99

atanh() 関数は x の逆双曲線正接 (inverse hyperbolic tangent) を計算する。 すなわち、その双曲線正接 (hyperbolic tangent) が x になる ような値である。

成功すると、これらの関数は x の逆双曲線正接を返す。 x が NaN の場合、NaN が返される。 x が +0 (-0) の場合、+0 (-0) が返される。 x が +1 か -1 の場合、 極エラー (pole error) が発生し、 関数の種類に応じて、数学的に正しい符号の HUGE_VAL, HUGE_VALF, HUGE_VALL がそれぞれ返される。 x の絶対値が 1 より大きい場合、 領域エラー (domain error) が発生し、 NaN が返される。

これらの関数を呼び出した際にエラーが発生したかの判定方法についての情報は math_error(7) を参照のこと。 以下のエラーが発生する可能性がある。 領域エラー (domain error): x が -1 より小さいか +1 より大きい errno に EDOM が設定される。 不正 (invalid) 浮動小数点例外 (FE_INVALID) が上がる。 極エラー (pole error): x が +1 か -1 errno に ERANGE が設定される (「バグ」の節も参照)。 0 による除算 (divide-by-zero) 浮動小数点例外 (FE_DIVBYZERO) が上がる。

C99, POSIX.1-2001. double 版の関数は SVr4, 4.3BSD, C89 にも準拠している。

glibc 2.9 とそれ以前のバージョンでは、 極エラーが発生した場合、POSIX で要求されている ERANGE ではなく EDOM が errno に設定される。 バージョン 2.10 以降の glibc では、正しい動作をする。

acosh(3), asinh(3), catanh(3), cosh(3), sinh(3), tanh(3)

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。
2010-09-11 ATANH(3)
atanh(3).txt (日本語 / Japanese)
Index English version of atanh(3)
Go top