SIMPLE SOLUTIONS

CALIBRE-SMTP(1) - Linux manual

Calibre-smtp.

4月 06, 2018
CALIBRE-SMTP(1) calibre CALIBRE-SMTP(1)

NAME

calibre-smtp - calibre-smtp calibre-smtp [options] [from to text] SMTPプロトコルを用いてメールを送信します。 calibre-smtp は2つのモードで動作します。 com‐ pose モードでは from, to, text を指定し、それを利用してメッセージを組み立て 送信を行います。 filter モードでは calibre-smtp は標準入力から完全な電子メールメッセージを読み込んで それを送信します。 text は電子メールメッセージの本体です。 text が指定されなかった場合、電子メールメッセージは標準入力から読み込まれます。 from は送信者のメールアドレスで、to は電子メールの受取人のアドレスです。 text が標準入力から読み込まれた場合、from と to はSMTP のネゴシエーション でのみ使用され、メッセージのヘッダは変更されません。 スペースを含む引数を calibre-smtp に渡す場合には、クォーテーションマークでくくってください。例: "/some path/with spaces" [オ --fork, -f Forkしてバックグラウンドでメッセージの配送を行います。このオプションを使用する場合は、:option: ` --outbox`で配送に失敗したメッセージを受け取れるようにしてください。 --help, -h このヘルプメッセージを表示して終了 --localhost, -l localhostのホスト名。SMTPサーバとの接続時に使用します。 --outbox, -o 送信に失敗したメッセージを保存する maildir フォルダのパス --timeout, -t 接続タイムアウト --verbose, -v 出力メッセージを増やす --version プログラムのバージョン番号を表示して終了 COMPOSE MAIL 電子メールを組み立てる際のオプション。textが指定されなかった場合は無視されます。 --attachment, -a 電子メールに添付するファイル --subject, -s 電子メールの件名 SMTP RELAY メールの送信にSMTPリレーサーバーを使う場合のオプション。--relayが指定されていなかった場合、Cal‐ ibreは電子メールを直接送信するよう試みます。 --encryption-method, -e リレーサーバへの接続時に使用する暗号化方式。TLS, SSL, NONEが指定できます。デフォルトはTLSです。警告: NONEは大変危険です。 --password, -p リレーサーバーのパスワード --port リレーサーバーとの接続に使用するポート。デフォルトは、SSLで暗号化を行う場合は 465 、そうでなければ 25です。 --relay, -r メールの送信に使うSMTPリレーサーバー。 --username, -u リレーサーバーのユーザ名

AUTHOR

Kovid Goyal
Kovid Goyal
3.21.0 4月 06, 2018 CALIBRE-SMTP(1)
calibre-smtp(1).txt (日本語 / Japanese)
Index English version of calibre-smtp(1)
Go top