SIMPLE SOLUTIONS

CATAN(3) - Linux manual

複素数の逆正接 (arc tangent).

2011-09-15
CATAN(3) Linux Programmer's Manual CATAN(3)

catan, catanf, catanl - 複素数の逆正接 (arc tangent)

#include <complex.h> double complex catan(double complex z); float complex catanf(float complex z); long double complex catanl(long double complex z); -lm でリンクする。

catan() 関数は複素数 z の逆正接 (arc tangent) を計算する。 y = catan(z) ならば、 z = ctan(y) が成立する。 y の実部の値は区間 [-pi/2,pi/2] から選択される。 次の関係が成立する: catan(z) = (clog(1 + i * z) - clog(1 - i * z)) / (2 * i)

これらの関数は glibc バージョン 2.1 で初めて登場した。

C99.

/* "-lm" でリンクする */ #include <complex.h> #include <stdlib.h> #include <unistd.h> #include <stdio.h> int main(int argc, char *argv[]) { double complex z, c, f; double complex i = I; if (argc != 3) { fprintf(stderr, "Usage: %s <real> <imag>\n", argv[0]); exit(EXIT_FAILURE); } z = atof(argv[1]) + atof(argv[2]) * I; c = catan(z); printf("catan() = %6.3f %6.3f*i\n", creal(c), cimag(c)); f = (clog(1 + i * z) - clog(1 - i * z)) / (2 * i); printf("formula = %6.3f %6.3f*i\n", creal(f2), cimag(f2)); exit(EXIT_SUCCESS); }

ccos(3), clog(3), ctan(3), complex(7)

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。
2011-09-15 CATAN(3)
catan(3).txt (日本語 / Japanese)
Index English version of catan(3)
Go top