SIMPLE SOLUTIONS

GETUMASK(3) - Linux manual

ファイル作成マスクを取得する.

2010-09-10
GETUMASK(3) Linux Programmer's Manual GETUMASK(3)

getumask - ファイル作成マスクを取得する

#define _GNU_SOURCE /* feature_test_macros(7) 参照 */ #include <sys/types.h> #include <sys/stat.h> mode_t getumask(void);

この関数は現在のファイル作成マスクを返す。 基本的には以下と等価である。 mode_t getumask(void) { mode_t mask = umask( 0 ); umask(mask); return mask; } ドキュメントによると、この関数は スレッドセーフである (umask(2) ライブラリコールとロックを共有する) 点が異なる。

ドキュメントに書いてあるだけの GNU 拡張である。

バージョン 2.9 時点の glibc では、 この関数についての記載はあるが、まだ実装されていない。

umask(2)

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。
GNU 2010-09-10 GETUMASK(3)
getumask(3).txt (日本語 / Japanese)
Index English version of getumask(3)
Go top