SIMPLE SOLUTIONS

GETUTENT(3) - Linux manual

Utmp.

2014-08-19
GETUTENT(3) Linux Programmer's Manual GETUTENT(3)

getutent, getutid, getutline, pututline, setutent, endutent, utmpname - utmp ファイルのエントリーにアクセスする

#include <utmp.h> struct utmp *getutent(void); struct utmp *getutid(const struct utmp *ut); struct utmp *getutline(const struct utmp *ut); struct utmp *pututline(const struct utmp *ut); void setutent(void); void endutent(void); int utmpname(const char *file);

新しいアプリケーションでは、これらの関数の "utmpx" 版を使用すべきである。 これらは POSIX.1 で規定されている。「準拠」の節を参照。 utmpname() は、他の utmp 関数がアクセスする (utmp フォーマットの) ファイルの名前を指定する。他の関数を使う前に utmpname() を使って ファイル名の指定を行わなかった場合は、 <path.h> で 定義されている _PATH_UTMP がファイル名とみなされる。 setutent() は、ファイルポインターを utmp ファイルの先頭に移動する。 一般的には、他の関数を使う前にこの関数を呼び出しておくと良いだろう。 endutent() は utmp ファイルをクローズする。ユーザーコードで 他の関数を使ってこのファイルにアクセスを行った時は、最後にこの関数を 呼び出すべきである。 getutent() は utmp ファイルの現在のファイル位置から一行読み込み、 行の各フィールドの内容を収めた構造体へのポインターを返す。 この構造体の定義は utmp(5) に書かれている。 getutid() は、 utmp ファイル中の現在の位置から順方向 (末尾に向かう方向) へ ut に基く検索を行う。 ut->ut_type が RUN_LVL, BOOT_TIME, NEW_TIME, OLD_TIME の いずれかなら、 getutid() は ut_type フィールドが ut->ut_type に一致する最初のエントリーを探す。 ut->ut_type が INIT_PROCESS, LOGIN_PROCESS, USER_PROCESS, DEAD_PROCESS のいずれかなら、 getutid() は ut_id フィールドが ut->ut_id に 一致する最初のエントリーを探す。 getutline() は、 utmp ファイルの現在の位置から末尾に向かって検索を行う。 ut_type が USER_PROCESS または LOGIN_PROCESS で、 ut_line フィールドが ut->ut_line にマッチする最初の行を返す。 pututline() は utmp 構造体 ut の内容を utmp ファイルに書き出す。 pututline() は getu‐ tid() を用いて、新たなエントリーを 挿入するのにふさわしい場所を探す。 ut を挿入するふさわしい場所が 見つからない場合は、新たなエントリーをファイルの末尾に追加する。

getutent(), getutid(), getutline() は、成功すると struct utmp へのポインターを返す。 失敗すると NULL を返す (レコードが見つからなかった場合も失敗となる)。 この struct utmp は静的な記憶領域に確保され、次にこれらの関数を 呼び出した際に上書きされるかもしれない。 pututline() は成功すると ut を返す。失敗すると NULL を返す。 utmpname() は、新しい名前の格納に成功すると 0 を返し、失敗すると -1 を返す。 エラーが発生した場合、これらの関数は errno にエラーの原因を示す値を設定する。

ENOMEM メモリー不足。 ESRCH レコードが見つからなかった。 関数 setutent(), pututline(), getut*() は open(2) に書かれている理由でも失敗することがある。

/var/run/utmp 現在ログイン中のユーザーのデータベース /var/log/wtmp 過去のユーザーログインのデータベース

XPG2, SVr4. XPG2 と SVID 2 では、 pututline() 関数は値を返さないとされており、 (AIX, HP-UX などの) 多くのシステムではそうなっている。 HP-UX では、上述の pututline() と同じプロトタイプを持つ 新しい関数 _pututline() が導入されている。 現在では、Linux 以外のシステムでは、これらの関数は全て廃止されている。 SUSv1 の後に出てきた POSIX.1-2001 では、もはやこれらの関数はなく、 代わりに以下のものを使う。 #include <utmpx.h> struct utmpx *getutxent(void); struct utmpx *getutxid(const struct utmpx *); struct utmpx *getutxline(const struct utmpx *); struct utmpx *pututxline(const struct utmpx *); void setutxent(void); void endutxent(void); これらの関数は glibc により提供されており、 "x" がない関数と同じ処理を行うが、 struct utmpx を使用する。 Linux では、この構造体の定義は struct utmp と同じになっている。 完全を期すために、glibc では utmpxname() も提供している。この関数は POSIX.1 では規定されていない。 Linux 以外のシステムでは、 utmpx 構造体は utmp 構造体の上位集合 (superset) になっていて、 追加のフィールドがあったり、既存のフィールドのサイズが大きくなっていたり するものもある。複数のファイルが使用されている場合もあり、多くの場合 /var/*/utmpx と /var/*/wtmpx というファイルが使われる。 一方、 Linux glibc では複数の utmpx ファイル は使われていない。 utmp 構造体が十分に大きいからである。 上記の名前に "x" が付いた関数は "x" が付いていない対応する関数の別名と なっている (例えば getutxent() は getutent() の別名である)。

glibc で 上記の関数群はスレッドセーフではない。 glibc にはリエントラント版 (reentrant) が追加されている。 #define _GNU_SOURCE /* or _SVID_SOURCE or _BSD_SOURCE; feature_test_macros(7) 参照 */ #include <utmp.h> int getutent_r(struct utmp *ubuf, struct utmp **ubufp); int getutid_r(struct utmp *ut, struct utmp *ubuf, struct utmp **ubufp); int getutline_r(struct utmp *ut, struct utmp *ubuf, struct utmp **ubufp); これらの関数は GNU での拡張であり、末尾の _r をとった名前の関数と 同様の機能を持つ。 ubuf パラメーターは結果を格納する場所を指定する。 成功すると 0 を返し、結果へのポインターを *ubufp に書き込む。エラーの場合 -1 を返す。 上記の関数に対応する utmpx 版は存在しない (POSIX.1 ではこれらの関数を規定されていない)。

以下の例では、 utmp のレコードの追加・削除を行っている。このコードは、 擬似端末 (pseudo terminal) から実行されることを想定している。 実際のアプリケーションでは getpwuid(3)ttyname(3) の戻り値を検査するべきである。 #include <string.h> #include <stdlib.h> #include <pwd.h> #include <unistd.h> #include <utmp.h> int main(int argc, char *argv[]) { struct utmp entry; system("echo before adding entry:;who"); entry.ut_type = USER_PROCESS; entry.ut_pid = getpid(); strcpy(entry.ut_line, ttyname(STDIN_FILENO) + strlen("/dev/")); /* only correct for ptys named /dev/tty[pqr][0-9a-z] */ strcpy(entry.ut_id, ttyname(STDIN_FILENO) + strlen("/dev/tty")); time(&entry.ut_time); strcpy(entry.ut_user, getpwuid(getuid())->pw_name); memset(entry.ut_host, 0, UT_HOSTSIZE); entry.ut_addr = 0; setutent(); pututline(&entry); system("echo after adding entry:;who"); entry.ut_type = DEAD_PROCESS; memset(entry.ut_line, 0, UT_LINESIZE); entry.ut_time = 0; memset(entry.ut_user, 0, UT_NAMESIZE); setutent(); pututline(&entry); system("echo after removing entry:;who"); endutent(); exit(EXIT_SUCCESS); }

getutmp(3), utmp(5)

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。
2014-08-19 GETUTENT(3)
getutent(3).txt (日本語 / Japanese)
Index English version of getutent(3)
Go top