SIMPLE SOLUTIONS

REPQUOTA(8) - Linux manual

ファイルシステムの quota のまとめを表示する.

REPQUOTA(8) System Manager's Manual REPQUOTA(8)

repquota - ファイルシステムの quota のまとめを表示する

/usr/sbin/repquota [ -vsiug ] [ -c | -C ] [ -t | -n ] [ -F format-name ] filesystem... /usr/sbin/repquota [ -avtsiug ] [ -c | -C ] [ -t | -n ] [ -F format-name ]

repquota は指定したファイルシステムのディスク使用状況と quota のまとめを表示する。 各ユーザーの現在のファイル数と使用容量 (キロバイト単位) が、 edquota(8) により設定された各 quota とともに表示される。 (オプション -n が指定されない限り) repquota は全てのユーザーとグループの ID を名前に変換しなければならないので、 全ての情報を表示するのに時間が掛るかもしれない。 できるだけ速く変換するため repquota は (/etc/nsswitch.conf を読むことにより) エントリが標準的な平文のテキストファイルまたは データベースに格納されているかを確かめ、 1024 個の名前をまとめて変換するか 1 つの名前毎に変換する。 この自動検出は -c または -C オプションで上書きできる。

-a /etc/mtab において読み書きの許可と quota が指定されている 全てのファイルシステムについて表示する。 -v 使用量ゼロのものも含めて、すべての quota を表示する。 quota ファイルの情報についても、より詳細に表示する。 -c エントリをキャッシュし、全てのユーザーをスキャンして、 ユーザー ID・グループ ID を大きくまとめて名前に変換して表示する (これがデフォルトである)。 /etc/passwd ファイルを使う場合は、優れた動作をする (速くなる)。 -C 各エントリ毎に変換する。 ユーザーがデータベースに格納されている場合は速くなる。 -t 9 文字より長いユーザー名・グループ名を切り詰める。 長い名前がある場合に表示がきれいになる。 -n ユーザー ID・グループ ID から名前に変換しない。 これにより表示の速度をかなり上げることができる。 -s 使用容量・使用 inode・使用限度を、デフォルトの単位ではなく、 より適切な単位で表示する。 -i automount によってマウントされたマウントポイントを無視する。 -F format-name 指定されたフォーマットで quota を表示する (つまり、フォーマットの自動判定を行わない)。 指定可能なフォーマット名は以下の通り: vfsold (バージョン 1 の quota), vfsv0 (バージョン 2 の quota), xfs (XFS ファイルシステム上の quota)。 -g グループの quota を表示する。 -u ユーザーの quota を表示する。これがデフォルトである。 スーパーユーザーのみが、他人の quota を見ることができる。

aquota.user または aquota.group ファイルシステムのルートに置かれた quota ファイル (バージョン 2 の quota, XFS 以外のファイルシステム)。 quota.user または quota.group ファイルシステムのルートに置かれた quota ファイル (バージョン 1 の quota, XFS 以外のファイルシステム)。 /etc/mtab デフォルトのファイルシステム。 /etc/passwd デフォルトのユーザーのセット。 /etc/group デフォルトのグループのセット。

quota(1), quotactl(2), edquota(8), quotacheck(8), quotaon(8)
4th Berkeley Distribution REPQUOTA(8)
repquota(8).txt (日本語 / Japanese)
Index English version of repquota(8)
Go top