SIMPLE SOLUTIONS

2A_CTRL(5) - Linux manual

28 January 1992
2A_CTRL(5) File Formats Manual 2A_CTRL(5)

2A_CTRL コントロール・コマンド定義表

/usr/local/lib/wnn/ja_JP/rk/2A_CTRL

uum(1) 起動時に解釈され、変換用のキーの設定を行う。 文字入力モードの設定のために使用する。 これで変換されたコードは、uumkey(4) の設定の中で使用される。

'\x81' (switch katakana) ;PF1 key '\x82' (switch zenkaku) ;PF2 key '\x83' (switch romkan) ;PF3 key

PF1〜PF4 のキーおよびカーソルキーについては、次のような注意が必要 である。つまり、端末が2バイト以上のコードを発生する場合、この表による 変換が行われる前に、uum(1) によってキーボードから発生する文字列の データが1バイトのコードに変換される (CVT_KEY_TBL(4) の項参照)。 以下に、PF1〜PF4 のキーとカーソルキーが入力された場合に、この表で受け 取るコードを示す。 ただし、これは、uum(1) によってこの表が使用されている場合の対応で、 ローマ字変換ライブラリを使用した場合は、これらのコードは、当てはまらない。 PF1 0x81 → 0x90 PF2 0x82 ← 0x91 PF3 0x83 ↓ 0x92 PF4 0x84 ↑ 0x93

uum(1), mode(5), uumkey(5), cvt_key_tbl(5), オートマトン(3)
28 January 1992 2A_CTRL(5)
2a_ctrl(5).txt (日本語 / Japanese)
Index
Go top