SIMPLE SOLUTIONS

2B_ROMKANA(5) - Linux manual

28 January 1992
2B_ROMKANA(5) File Formats Manual 2B_ROMKANA(5)

2B_ROMKANA ローマ字かな変換定義表

/usr/local/lib/wnn/ja_JP/rk/2B_ROMKANA

uum(1) 起動時に解釈され、ローマ字変換用の設定を行う。

M(q1) ん (q1) M の次に B M P のいずれかがきた (defvar q1 (list B M P)) 場合、M を「ん」に確定することを 定義している。 (aa)(aa) っ (aa) (defvar aa (list K S T H Y R W G Z D B P C F J V)) 「K S T H Y R W G Z D B P C F J V」の何れかが連続して入力された 場合、1文字目の入力を「っ」に確 定することを定義している。 TCH っ CH TCH と入力された場合、T を「っ」 に確定することを定義している。 A あ A と入力された場合、「あ」に確定 することを定義している。 I い : U う : E え : O お : : : : : - ー , 、 . 。 (alpha) (error) (defvar alpha (between A Z)) A から Z までの文字が単独で現れた場合、エラーとする。 ローマ字変換デフォルト設定 (括弧内のものは、カタカナモードの時に限り適用される変換を示す。) A あ KA か SA さ TA た I い KI き SI し TI ち U う KU く SU す TU つ E え KE け SE せ TE て O お KO こ SO そ TO と NA な HA は MA ま YA や NI に HI ひ MI み YI い NU ぬ HU ふ MU む YU ゆ NE ね HE へ ME め YE いぇ NO の HO ほ MO も YO よ RA ら WA わ GA が ZA ざ RI り WI ゐ GI ぎ ZI じ RU る WU う GU ぐ ZU ず RE れ WE ゑ GE げ ZE ぜ RO ろ WO を GO ご ZO ぞ DA だ BA ば PA ぱ GYA ぎゃ DI ぢ BI び PI ぴ DU づ BU ぶ PU ぷ GYU ぎゅ DE で BE べ PE ぺ GYE ぎぇ DO ど BO ぼ PO ぽ GYO ぎょ ZYA じゃ JA じゃ DYA ぢゃ BYA びゃ JI じ DYI でぃ ZYU じゅ JU じゅ DYU ぢゅ BYU びゅ ZYE じぇ JE じぇ DYE ぢぇ BYE びぇ ZYO じょ JO じょ DYO ぢょ BYO びょ PYA ぴゃ VA ぶぁ ( ヴぁ ) KYA きゃ VI ぶぃ ( ヴぃ ) PYU ぴゅ VU ぶ ( ヴ ) KYU きゅ PYE ぴぇ VE ぶぇ ( ヴぇ ) KYE きぇ PYO ぴょ VO ぶぉ ( ヴぉ ) KYO きょ SYA しゃ SHA しゃ TYA ちゃ SHI し TYI てぃ SYU しゅ SHU しゅ TYU ちゅ SYE しぇ SHE しぇ TYE ちぇ SYO しょ SHO しょ TYO ちょ CHA ちゃ NYA にゃ HYA ひゃ FA ふぁ CHI ち FI ふぃ CHU ちゅ NYU にゅ HYU ひゅ FU ふ CHE ちぇ NYE にぇ HYE ひぇ FE ふぇ CHO ちょ NYO にょ HYO ひょ FO ふぉ MYA みゃ LA ら RYA りゃ LYA りゃ LI り MYU みゅ LU る RYU りゅ LYU りゅ MYE みぇ LE れ RYE りぇ LYE りぇ MYO みょ LO ろ RYO りょ LYO りょ KWA くゎ GWA ぐゎ TSA つぁ QA くぁ KWI くぃ GWI ぐぃ TSI つぃ QI くぃ KWU く GWU ぐ TSU つ QU く KWE くぇ GWE ぐぇ TSE つぇ QE くぇ KWO くぉ GWO ぐぉ TSO つぉ QO くぉ N ん N' ん XA ぁ \A ぁ XYA ゃ \YA ゃ XI ぃ \I ぃ XU ぅ \U ぅ XYU ゅ \YU ゅ XE ぇ \E ぇ XO ぉ \O ぉ XYO ょ \YO ょ XTU っ \TU っ XTI てぃ XWI うぃ XTSU っ \TSU っ XDI でぃ XWE うぇ XWA ゎ \WA ゎ XDU どぅ XWO うぉ XKA ( ヵ ) \KA ( ヵ ) XDE でぇ XKE ( ヶ ) \KE ( ヶ ) XDO どぉ - ー / ・ Z. … , 、 [ 「 Z- 〜 . 。 ] 」 母音の次に長音がきた場合、次のように確定する。 A^ ああ A~ ああ I^ いい I~ いい U^ うう U~ うう E^ えい E~ えい O^ おう O~ おう M の次に B M P のいずれかがきた場合、M を"ん"に確定する。 K S T H Y R W G Z D B P C F J V の内いずれかが、連続して入力さ れた場合、初めの文字を、"っ"に確定する。

uum(1), mode(5), オートマトン(3)
28 January 1992 2B_ROMKANA(5)
2b_romkana(5).txt (日本語 / Japanese)
Index
Go top