SIMPLE SOLUTIONS

ACCESS(2) - Linux manual

ユーザーのファイルへのアクセス権をチェックする.

2014-08-19
ACCESS(2) Linux Programmer's Manual ACCESS(2)

access, faccessat - ユーザーのファイルへのアクセス権をチェックする

#include <unistd.h> int access(const char *pathname, int mode); #include <fcntl.h> /* AT_* 定数の定義 */ #include <unistd.h> int faccessat(int dirfd, const char *pathname, int mode, int flags); glibc 向けの機能検査マクロの要件 (feature_test_macros(7) 参照): faccessat(): glibc 2.10 以降: _XOPEN_SOURCE >= 700 || _POSIX_C_SOURCE >= 200809L glibc 2.10 より前: _ATFILE_SOURCE

access() は、呼び出し元プロセスがファイル pathname にアクセスできるかどうかをチェックする。 pathname がシンボリックリンクの場合、シンボリックリンクは展開される。 mode はチェックを行うアクセス権を指定するもので、その値は F_OK、 もしくは R_OK, W_OK, X_OK の 1個以上のビット単位の論理和から構成されるマスクである。 F_OK はファイルが存在するかどうかのみを検査する。 R_OK, W_OK, X_OK は、ファイルが存在して、それぞれ読み込み、書き込み、実行の許可があるか を検査する。 チェックは、実際に操作が行われる際に使用される実効 (effective) ID でなく、 呼び出し元プロセスの 実 (real) UID と 実 (real) GID を使って行われる。 これにより、set-user-ID プログラムで、プログラムを起動するユーザーの権限を 簡単に決定することができる。 呼び出し元プロセスが特権プロセス (つまり、プロセスの実 UID が 0) の場合、 通常のファイルに対する X_OK のチェックは、そのファイルの所有者、グループ、他人のいずれかの 実行許可が有効になっていれば成功する。 faccessat() faccessat() システムコールは access() と全く同様に動作するが、以下で説明する点が異なる。 pathname で指定されたパス名が相対パスの場合、このパス名はファイルディスクリプター dirfd が参照するディレクトリに対する相対パスと解釈される (access() に相対パス名を渡した場合のように、呼び出したプロセスのカレントワーキングディレクトリに対する相対パスではない)。 pathname で指定されたパス名が相対パスで、 dirfd が特別な値 AT_FDCWD の場合、 (access() と同様に) pathname は呼び出したプロセスのカレントワーキングディレクトリに対する相対パスと解釈される。 pathname で指定されたパス名が絶対パスの場合、 dirfd は無視される。 flags は以下に示す値の 0 個以上の OR (論理和) をとって作成される。 AT_EACCESS アクセスチェックを実行ユーザー/グループ ID を使って行う。デフォルトでは、facces‐ sat() は (access() と同様に) 実 ID を使用する。 AT_SYMLINK_NOFOLLOW pathname がシンボリックリンクの場合、リンクの展開を行わない。代わりに、リンク自身の情報を返す。 faccessat() の必要性についての説明については openat(2) を参照。

成功した場合 (要求した全てについて許可が得られたか、 mode が F_OK でファイルが存在した場合)、ゼロが返される。 エラーの場合 (mode の少なくとも一つのビットで要求した許可がなかった場合、 mode が F_OK でファイルが存在しなかった場合、他のエラーが起こった場合)、-1 が返され、 errno が適切に設定される。

access() と faccessat() は以下の場合に失敗する。 EACCES 要求されたアクセスは そのファイル自身に拒否されたか pathname へ至るまでディレクトリのいずれかに対する検索許可 (search permission) が得られなかった。 (path_resolution(7) も参照のこと) ELOOP pathname を解決するときに、解決すべきシンボリックリンクが多すぎた。 ENAMETOOLONG pathname が長過ぎる。 ENOENT pathname を構成するパスのいずれかが、存在しないか、 参照先のない (dangling) シンボリックリンクになっている。 ENOTDIR pathname のディレクトリ部分が実際にはディレクトリでない。 EROFS 読み込み専用 (read-only) のファイルシステムに対して書き込み許可を 要求した。 access() と faccessat() は以下の理由により失敗することがある。 EFAULT pathname がアクセス可能なアドレス空間の外を指している。 EINVAL mode に不正な値が指定された。 EIO I/O エラーが発生した。 ENOMEM カーネルに十分なメモリーがない。 ETXTBSY 実行中のファイルに対して書き込みを要求した。 faccessat() では以下のエラーも発生する。 EBADF dirfd が適切なファイルディスクリプターでない。 EINVAL flags に無効なフラグが指定された。 ENOTDIR pathname が相対パスで、 dirfd がディレクトリ以外のファイルを参照しているファイルディスクリプターである。

faccessat() はバージョン 2.6.16 で Linux に追加された。 ライブラリによるサポートは glibc バージョン 2.4 で追加された。

access(): SVr4, 4.3BSD, POSIX.1-2001, POSIX.1-2008. faccessat(): POSIX.1-2008.

警 これらのシステムコールを使ってチェックするのは、セキュリティホールの原因になる。なぜならチェックをしてから 実際にファイルのオープン操作をする間の短い間隔を悪用できるからである。 こ (ここで説明した例の場合には、より安全な方法としては、 そのプロセスの実効ユーザー ID を実ユーザー ID に一時的に切り替えてから open(2) を呼び出す方法がある。) access() は常にシンボリックリンクの展開を行う。 シンボリックリンクのアクセス許可を確認する必要がある場合は、 AT_SYMLINK_NOFOLLOW フラグ付きで faccessat(2) を使うこと。 mode で指定されたアクセス種別のいずれか一つでも拒否されると、 たとえ mode で指定された他のアクセス種別が許可されたとしても、 これらのシステムコールはエラーを返す。 POSIX.1-2001 では、 呼び出し元プロセスが適切な特権を持っている場合 (つまり、スーパーユーザーの場合)、 たとえファイルの実行許可ビットが全くセットされていなくても X_OK のチェックとして成功を返す実装が認められている。 Linux はこのようにはなっていない。 pathname のプレフィックスを構成するディレクトリの全てに対して 検索アクセス (すなわち、実行アクセス) が許可された場合にのみ、 ファイルはアクセス可能となる。 いずれかのディレクトリがアクセス不可の場合、 ファイル自身のアクセス許可に関わらず、 access() は失敗する。 アクセスビットのみがチェックされ、ファイルの種類や内容はチェックされない。 従って、ディレクトリが書き込み可能となった場合は、ディレクトリに ファイルを作成することが可能なことを意味するのであり、ディレクトリに ファイルとして書き込むことができるわけではない。 同様に DOS のファイルは「実行可能」と判断されるが、 execve(2) コールは失敗するだろう。 これらのシステムコールは、 UID マッピングを使用した NFSv2 ファイルシステムでは正常に機能しないかもしれない。なぜならば UID のマッピングはサーバーで 行なわれ、権利のチェックをするクライアントには見えないからである。 (NFS バージョン 3 以降ではサーバー側でチェックが実行される。) 同様の問題は FUSE マウントでも起こり得る。 C ラ 生の faccessat() システムコールは、最初の 3 つの引き数だけを取る。フラグ AT_EACCESS と AT_SYMLINK_NOFOLLOW は実際には faccessat() の glibc のラッパー関数内で実装されている。これらのフラグのいずれかが指定された場合、ラッパー関数は fstatat(2) を使ってアクセス許可の判定を行う。 glibc で faccessat() が利用できない古いカーネルでは、(フラグ AT_EACCESS と AT_SYMLINK_NOFOLLOW が指定されていない場合) glibc ラッパー関数は access() を使用するモードにフォールバックする。 pathname が相対パスの場合、 glibc は dirfd 引き数に対応する /proc/self/fd のシンボリックリンクに基づいてパス名を構成する。

バージョン 2.4 (とそれ以前) のカーネルには、スーパーユーザーでの X_OK のチェックの扱いに奇妙な点がある。 ディレクトリ以外のファイルで (ユーザー、グループ、他人の) 全てのカテゴリーについて 実行許可がない場合、 access() のチェックで -1 が返るのは mode に X_OK だけが指定されたときだけであり mode に R_OK や W_OK が一緒に指定された場合には access() は 0 を返す。 (バージョン 2.6.3 以前の) 初期の 2.6 系のカーネルも 2.4 系のカーネルと同様の動作をする。 2.6.20 より前のカーネルでは、 これらのシステムコールはファイルが存在するファイルシステムを mount(2) する際に指定された MS_NOEXEC フラグの効果を無視していた。 カーネル 2.6.20 以降では、 MS_NOEXEC フラグは考慮されるようになっている。

chmod(2), chown(2), open(2), setgid(2), setuid(2), stat(2), euidaccess(3), credentials(7), path_resolution(7), symlink(7)

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。
Linux 2014-08-19 ACCESS(2)
access(2).txt (日本語 / Japanese)
Index English version of access(2)
Go top