SIMPLE SOLUTIONS

ACLEANDIR(1) - Linux manual

Netatalk の Apple Macintosh ファイルが含まれているディレクトリを掃除する。.

26 Feb 1998
ACLEANDIR(1) General Commands Manual ACLEANDIR(1)

acleandir - netatalk の Apple Macintosh ファイルが含まれているディレクトリを掃除する。

acleandir [ -rnvi ] dirname

acleandir はディレクトリ dirname を掃除する。 デフォルトでは単に対応するデータファイルのない 「孤立した (orphan)」AppleDouble ファイルを削除するだけである。

-d 「孤立した AppleDouble ファイル」を削除した後、 AppleDouble ファイルがない場合は、 .AppleDouble ディレクトリも削除する。 結果として、親ディレクトリにある dirname の finder の場所が失われる。 -r -R 再帰モード。ディレクトリを再帰的に掃除する。 -n 「孤立した AppleDouble ファイル」の名前を表示するが、削除はしない。 「孤立した AppleDouble ファイル」に リソースフォークがあることが分かった場合は、サイズを表示する。 -i 対話モード。 削除する前に確認のプロンプトを出す。 y と返答すると、削除の実行を認めたことになる。 -v 詳細表示モード。 削除される全ての「孤立した AppleDouble ファイル」と .AppleDouble ディレクトリの名前を表示する。 「孤立した AppleDouble ファイル」にリソースフォークがあることが分かった場合は、 サイズを表示する。 -a 攻撃的 (aggressive) モード。 「孤立した AppleDouble ファイル」だけでなく、 全ての AppleDouble ファイルを削除する。 .AppleDesktop ディレクトリが存在する場合は、それも削除する。 -d オプションが暗黙のうちに指定される。 全てのファイルの Macintosh タイプ・クリエータと finder の場所が失われて、 Symantec 社の開発環境で使われる Projects ファイルなどでは 文書の内容が破壊されるので、注意して使うこと。

不正なオプションが指定された場合や、 コマンドライン上でディレクトリが指定されていない場合を除き、 終了状態 0 を返す。

afile(1), afpd(1)
26 Feb 1998 ACLEANDIR(1)
acleandir(1).txt (日本語 / Japanese)
Index
Go top