SIMPLE SOLUTIONS

ADDFTINFO(1) - Linux manual

Troff 用のフォントファイルに groff で用いるための情報を付加する.

6 August 2001
ADDFTINFO(1) General Commands Manual ADDFTINFO(1)

addftinfo - troff 用のフォントファイルに groff で用いるための情報を付加する

addftinfo [ -v ] [ -param value... ] res unitwidth font

addftinfo は troff フォントファイルを読み、groff システムで用いられるフォントメトリック情報を付加します。 情報が付加されたフォントファイルは標準出力に書き出されます。 追加される情報は、フォント自体のパラメトリックな情報と、伝統的な troff の文字名のつけかたに関する仮定から推定されます。 この情報は、主に文字の高さや深さです。引数の res と unitwidth は DESC ファイルの対応するパラメータと一致するべきです; font はフォントの名前です。 font が I で終わる場合はイタリック体であると仮定されます。

-v バージョン番号を表示します。 他のすべてのオプションは、 高さや深さなどを得るために用いられるパラメータのうちの 1 つを 変更します。フォントファイル内の現行の数量のように、各 value はポイントの大きさが unitwidth であるフォントについて res あたりのインチ数で表現します。 param には、以下のなかから 1 つを選びます: x-height x などのような、背の低い小文字の高さ。 fig-height 図の高さ (10 進の数値)。 asc-height b, d, l などのような、背の高い文字の高さ。 body-height 括弧などの文字の高さ。 cap-height A のような大文字の高さ。 comma-depth コンマの深さ。 desc-depth p, q, y などのような、ベースラインよりも下に出た文字の深さ。 body-depth 括弧などの文字の深さ。 addftinfo は、指定しなかったパラメータの値を推測するために、指定してある パラメータの値を用いることはしません。パラメータが指定されない場合は デフォルトの値が用いられます。デフォルトの値は、 Times フォントの手頃な値を選びます。

groff_font(5), groff(1), groff_char(7)
Groff Version 1.17.2 6 August 2001 ADDFTINFO(1)
addftinfo(1).txt (日本語 / Japanese)
Index English version of addftinfo(1)
Go top