SIMPLE SOLUTIONS

AFILE(1) - Linux manual

Apple Macintosh ファイル (netatalk フォーマット) のタイプとクリエータを表示する.

26 Feb 1998
AFILE(1) General Commands Manual AFILE(1)

afile - Apple Macintosh ファイル (netatalk フォーマット) のタイプとクリエータを表示する

afile [ -a ] file ...

afile は file 引き数の名前と Macintosh のタイプとクリエータを表示する。 afile は file が AppleDouble ヘッダであるかを調べて、 そうならば対応するデータフォークが存在するかを調べる。 さもなければ file がデータフォークであると仮定して、対応する AppleDouble を探し、 タイプとクリエータの情報を見付けようとする。 afile は AppleVolumes.system のような拡張子対応付けファイルを調べない。

-a ディレクトリやタイプが不明な (つまり、対応する AppleDoule がない) データファイルを出力に含める。

全てのファイルが、対応する有効な .AppleDouble ヘッダや データフォークを持っている場合、終了状態 0 を返す。 不正なコマンドラインオプションがある場合は 99 を返す。 これ以外の場合は、最後の不正なファイルに関連した以下のエラーコードを返す。 1 ファイルが存在しない。 2 ファイルが読めない。 3 ファイルがディレクトリである。 4 ファイルは AppleDouble で、データフォークを持たない。 5 ファイルは AppleDouble で、データフォークが読めない。 6 ファイルはデータフォークで、AppleDouble を持たない。 7 ファイルはデータフォークで、AppleDouble が読めない。 8 ファイルはデータフォークで、短い AppleDouble を持つ。 9 AppleDouble に不正なマジックナンバーがある。

achfile(1), afpd(1)
26 Feb 1998 AFILE(1)
afile(1).txt (日本語 / Japanese)
Index
Go top