SIMPLE SOLUTIONS

AFPD.CONF(5) - Linux manual

Afpd(8) によって使われる設定ファイル。ファイル共有サービスの設定する.

28 September 2000
afpd.conf(5) File Formats Manual afpd.conf(5)

afpd.conf - afpd(8) によって使われる設定ファイル。ファイル共有サービスの設定する

/etc/netatalk/afpd.conf は afpd によって使われる設定ファイルで、 それを提供する個々の仮想ファイルサーバーの動作と設定を決定する。 # が先頭にない行が解釈される。 設定ファイルの行は以下のように構成される: server name [ options ] server name の代わりに - が使われた場合、 デフォルトのサーバーが指定される。 server name がスペースを含む場合は、クォートしなければならない。 path は、完全なフルパス名・シェルの省略形 ~ を使ったパス名・ 以下に示す代入変数のいずれかを使ったパス名、でなければならない。 指定可能なオプションとその意味を以下に示す: AppleVolumes ファイル -defaultvol [path] AppleVolumes.default ファイルのパスを指定する (デフォルトは /etc/netatalk/AppleVol‐ umes.default)。 -nlspath [path] コードページのパスを指定する (デフォルトは /etc/netatalk/nls)。 -systemvol [path] AppleVolumes.system ファイルのパスを指定する (デフォルトは /etc/netatalk/AppleVol‐ umes.system)。 -[no]uservol ユーザー個人のボリュームファイルエントリの読み込みを有効または無効にする。 -[no]uservolfirst システム全体の AppleVolumes.default ファイルを処理する前に行う、 ユーザー個人のボリュームファイルの読み込みを有効または無効にする。 認証法 -uamlist [uams list] UAM (訳註: User Authentication Method, ユーザー認証法) を コンマで区切ってリスト指定する (デフォルトは uams_guest.so,uams_passwd.so,uams_dhx_passwd.so)。 最も一般に使われる UAM を以下に示す。 uams_dhx_passwd.so ま を使ったログインを許可する。 uams_guest.so - ゲストログインを許可する。 uams_passwd.so ま uams_randum.so - 乱数と双方向乱数通信による認証を許可する (/etc/netatalk/afppaswd ファイルが必要である)。 -uampath [path] サーバーの UAM のデフォルトパスを設定する (デフォルトは /etc/netatalk/uams)。 パスワードオプション -loginmaxmail [number] UAM でサポートされている場合に、ログイン失敗の最大回数を設定する。 -passwdfile [path] サーバーの乱数パスワードファイルのパスを設定する (デフォルトは /etc/netatalk/afp‐ passwd)。 -passwdminlen [number] UAM でサポートされている場合に、最小のパスワード文字数を設定する。 -[no]savepassword クライアントがローカルにパスワードを保存することを、許可または不許可にする。 -[no]setpassword クライアントがパスワードを変更することを、許可または不許可にする。 転送プロトコル -[no]ddp AFP-over-Appletalk を有効または無効にする。 -proxy を指定する場合には、 これではなく -uamlist "" を用いて、 DDP 接続が動作しないようにしなければならない。 -[no]tcp AFP-over-TCP を有効または無効にする。 転送オプション -admingroup [group] 指定した特定のグループに属するユーザーがログインした場合、 スーパーユーザーになることを許可する。 このオプションはデフォルトでは無効にされている。 -ddpaddr [ddp address] サーバーの DDP アドレスを指定する。 デフォルトでは自動的に割り当てられたアドレス (0.0) である。 このオプションは、複数のホームがあるホストを稼働させている場合にのみ役立つ。 -fqdn [name:port] 完全なドメイン名を指定する。オプションとしてポートを指定する。 サーバーが名前を解決できなかった場合は、破棄される。 このオプションは、AppleShare クライアント 3.8.3 以前では動作しない。 このオプションは、デフォルトでは無効である。 -ipaddr [ip address] サーバーが応答すべき IP を指定する (デフォルトはシステムの最初の IP アドレスである)。 このオプションにより、そのマシンが他のマシンに TCP/IP を広報することも可能になる。 -port [port number] AFP-over-TCP で他の TCP ポートを指定する。 デフォルトは 548 である。 -proxy 指定された AFP-over-TCP サーバーとして AppleTalk プロキシサーバーを実行する。 アドレスとポートが指定されない場合、 システムの最初の IP アドレスとポート 548 が使われる。 プロキシサーバーを DDP サーバーとして同時に動作させたくない場合は、 -uamlist "" を設定すること。 -server_quantum [number] DSI サーバーの quantum を設定する。 最小値は 1 MB である。最大値は 0xFFFFFFFFF である。 範囲外の値を指定した場合、デフォルトの値 (最小値) が設定される。 -noslp (Service Location Protocol のサポートが組み込まれている場合に) SLP を使ったサーバーの登録を行わない。 複数のサーバーが稼働しているときは、 このサーバーが他のサーバーに公表されてしまうので、 それを隠したい場合に役立つ。 その他のオプション -guestname [name] ゲストが使うべきユーザーアカウントを指定する (デフォルトは "nobody" である)。 名前はクォートすべきである。 -icon プラットフォーム固有のアイコンを使う。 -loginmsg [message] クライアントがログオンした時に表示されるメッセージを設定する。 メッセージはクォートすべきである。 -nodebug デバッグを無効にする。 -tickleval [number] tickle タイムアウトの間隔を (秒単位で) 設定する。

afpd(8), AppleVolumes.default(5)
4th Berkeley Distribution 28 September 2000 afpd.conf(5)
afpd.conf(5).txt (日本語 / Japanese)
Index English version of afpd.conf(5)
Go top