SIMPLE SOLUTIONS

AIO_CANCEL(3) - Linux manual

完了していない非同期 I/O リクエストをキャンセルする.

2012-05-08
AIO_CANCEL(3) Linux Programmer's Manual AIO_CANCEL(3)

aio_cancel - 完了していない非同期 I/O リクエストをキャンセルする

#include <aio.h> int aio_cancel(int fd, struct aiocb *aiocbp); -lrt でリンクする。

aio_cancel() 関数は、ファイルディスクリプター fd についての完了して いない非同期 I/O リクエストをキャンセルしようとする。 aiocbp が NULL の場合、そのような全てのリクエストがキャンセルされる。 aiocbp が NULL でない場合、aiocbp で指された制御ブロックで記述されたリクエ ストのみがキャンセルされる。(aiocb 構造体の説明は aio(7) を参照) キャンセルされたリクエストに対して、通常の非同期通知が起こる (aio(7)sigevent(7) を参照)。 リクエストの返り値 (aio_return(3)) は -1 に設定され、 リクエストのエラー状態 (aio_error(3)) は ECANCELED に設定される。 キャンセルできないリクエストの制御ブロックは変更されない。 リクエストがキャンセルできない場合には、 aio_cancel() は通常の I/O 操作の実行後と同じように終了する。 (この場合、 aio_error(3) はステータス EINPROGRESSS を返す)。 aiocbp が NULL でなく、かつ fd が非同期操作が開始されたファイルディスクリプターと異なる場合、 生じる結果は不定である。 どの操作をキャンセルできるかは、実装定義である。

aio_cancel() 関数は以下のいずれかの値を返す。 AIO_CANCELED 全てのリクエストが正常にキャンセルされた。 AIO_NOTCANCELED 指定されたリクエストのうち少なくとも一つが、実行中のため キャンセルできなかった。この場合には、aio_error(3) を使って 個々のリクエストの状態を確認できる。 AIO_ALLDONE 呼び出しの前に全てのリクエストがすでに完了していた。 -1 エラーが発生した。 errno を確認することでエラーの原因を知ることができる。

EBADF fd が有効なファイルディスクリプターでない。 ENOSYS aio_cancel() は実装されていない。

aio_cancel() 関数は glibc 2.1 以降で利用できる。

POSIX.1-2001, POSIX.1-2008.

aio(7) を参照。

aio_error(3), aio_fsync(3), aio_read(3), aio_return(3), aio_suspend(3), aio_write(3), lio_listio(3), aio(7)

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。
2012-05-08 AIO_CANCEL(3)
aio_cancel(3).txt (日本語 / Japanese)
Index English version of aio_cancel(3)
Go top