SIMPLE SOLUTIONS

ATALK(4) - Linux manual

AppleTalk プロトコルファミリー.

17 Dec 1991
ATALK(4) Kernel Interfaces Manual ATALK(4)

atalk - AppleTalk プロトコルファミリー

#include <sys/types.h> #include <netatalk/at.h>

AppleTalk プロトコルファミリーは、 データグラム配送プロトコル (Datagram Delivery Protocol, DDP) の 上位層のプロトコルの集合で、AppleTalk アドレスフォーマットを使う。 AppleTalk ファミリーは SOCK_STREAM (ADSP), SOCK_DGRAM (DDP), SOCK_RDM (ATP), SOCK_SEQPACKET (ASP) を提供する。 現在のところカーネルには DDP のみが実装されている。 ATP と ASP はユーザーレベルのライブラリで実装されている。 ADSP の実装も計画されている。

AppleTalk アドレスは 3 バイトの大きさで、 ネットワークバイトオーダーで格納される。 インクルードファイル <netatalk/at.h> で AppleTalk アドレスフォーマットが定義されている。 AppleTalk プロトコルファミリーのソケットは、以下のアドレス構造体を使う。 struct sockaddr_at { short sat_family; u_char sat_port; struct at_addr sat_addr; char sat_zero[ 8 ]; }; ソケットのポートは bind(2) によって設定できる。 bind のノードは常に、「そのノード」を表す ATADDR_ANYNODE でなければならない。 ネットは ATADDR_ANYNET または ATADDR_LATENET である。 ATADDR_ANYNET はマシンの (最初に設定される)「プライマリ」アドレスに対応する。 ATADDR_LATENET になっていると、送信パケットのアドレスは送信時に決定される。 すなわち、後 (late) で決まる。 ATADDR_LATENET は、各ネットワークインターフェースに対して ひとつずつソケットをオープンすることと等価である。 ソケットのポートと、プライマリアドレスまたは ATADDR_LATENET の一方が getsockname(2) によって返される。

bind(2), getsockname(2), atalkd(8).
netatalk 1.2 17 Dec 1991 ATALK(4)
atalk(4).txt (日本語 / Japanese)
Index English version of atalk(4)
Go top