SIMPLE SOLUTIONS

ATALK_ATON(3) - Linux manual

AppleTalk アドレスを解析する.

12 Jan 1994
ATALK_ATON(3) Library Functions Manual ATALK_ATON(3)

atalk_aton - AppleTalk アドレスを解析する

#include <sys/types.h> #include <netatalk/at.h> atalk_aton( cp, ata ) char *cp; struct at_addr *ata;

atalk_aton() ルーチンは、ascii 表現された AppleTalk アドレスを、 システムコールに適したフォーマットに変換する。 受け付ける ascii 表現は、3 個または 2 個組の 16 進数または 10 進数である。 例えば、アドレス `0x1f6b.77' は ネットワーク部が `8043' でノード部が `119' である。 これと同じアドレスは `8043.119', `31.107.119', `0x1f.6b.77' と書くことができる。 アドレスが 16 進数で最初の数字が `A-F' のいずれかである場合、 先頭の `0x' は省略してもよい。

atalk(4).
netatalk 1.3 12 Jan 1994 ATALK_ATON(3)
atalk_aton(3).txt (日本語 / Japanese)
Index English version of atalk_aton(3)
Go top