SIMPLE SOLUTIONS

ATALKD.CONF(5) - Linux manual

Atalkd(8) が使う設定ファイル。 マスター Netatalk デーモンが使うインターフェースを決定する。.

22 September 2000
atalkd.conf(5) File Formats Manual atalkd.conf(5)

atalkd.conf - atalkd(8) が使う設定ファイル。 マスター Netatalk デーモンが使うインターフェースを決定する。

/etc/netatalk/atalkd.conf は atalkd が使う設定ファイルで、 Appletalk インターフェースとその動作を設定する。 # が先頭にない行が解釈される。 設定ファイルの行は以下のように構成される: interface [ options ] 最も簡単なケースは、atalkd.conf がない場合や、 このファイルに有効な行がない場合である。 この場合、atalkd はマシンのローカルインターフェースを自動的に検出する。 なお、行を途中で分割できないことに注意。 interface は atalkd が (その上で) 動作する ネットワークインターフェースであり、 Linux では eth0, Sun では le0 といったものである。 指定可能なオプションとその意味を以下に示す: -addr net.node インターフェースのネット番号・ノード番号を指定する。 Appletalk の番号付けフォーマットで指定する (例: -addr 66.6)。 -dontroute Appletalk の経路制御を無効にする。 -router の反対である。 -net first[-last] 使用可能なネット番号を設定する。 範囲として設定することもできる。 -phase ( 1 | 2 ) そのインターフェースが使う Appletalk のフェーズを指定する (フェーズ 1 またはフェーズ 2 のどちらかを指定する)。 -router -seed と似ているが、1 つのインターフェースでの経路制御を許可する。 -dontroute の反対である。 -seed seed オプションは複数のインターフェースがある場合にのみ動作する。 指定されない引き数は、ネットワークから自動的に設定する。 -zone zonename インターフェースが現れる特定のゾーンを指定する (例: -zone "Parking Lot")。 スペースや特殊文字の入ったゾーン名は、引用符 (") で括らなければならない。

atalkd(8)
4th Berkeley Distribution 22 September 2000 atalkd.conf(5)
atalkd.conf(5).txt (日本語 / Japanese)
Index English version of atalkd.conf(5)
Go top