SIMPLE SOLUTIONS

ATD(8) - Linux manual

後で実行するためにキューに入れられたジョブを実行する.

2009-11-14
ATD(8) System Manager's Manual ATD(8)

atd - 後で実行するためにキューに入れられたジョブを実行する

atd [-l load_avg] [-b batch_interval] [-d] [-f] [-s]

atd は at(1) によってキューに入れられたジョブを実行する。

-l 負荷レベル (load factor) の限界値を指定する。これより大きい状態では、 batch ジョブは起動されない。コンパイル時のデフォルトの値は 0.8 である。 n 個の CPU からなる SMP システムでは、この値は n-1 より大きくすると良いだろう。 -b バッチジョブの起動間隔の最小値を秒単位で指定する (デフォルトは 60)。 -d デバッグモード。エラーメッセージを syslog(3) に渡すのではなく、標準エラー出力に表示する。 このオプションは -f も意味する。 -f atd をフォアグラウンドで実行する。 -s at/batch キューを一回しか処理しない。これは主として古いバージョンの at との互換性を保つために用いられる。

スプールディレクトリが NFS 経由でマウントされている場合は、たとえ no_root_squash を設定していても、 atd はうまく動作しないだろう。

/var/spool/cron/atjobs ジョブを保存するディレクトリ。このディレクトリはモードを 700、オーナーを daemon にするべきである。 /var/spool/cron/atspool 出力を保存するディレクトリ。このディレクトリはモードを 700、オーナーを daemon にするべきである。 /etc/at.allow, /etc/at.deny によって、だれが at システムを利用できるか決定できる。

at(1), at.deny(5), at.allow(5), cron(8), crontab(1), syslog(3)

atd の機能は cron(8) へ統合されるべきである。
2009-11-14 ATD(8)
atd(8).txt (日本語 / Japanese)
Index English version of atd(8)
Go top