SIMPLE SOLUTIONS

BIND(2) - Linux manual

ソケットに名前をつける.

2014-08-19
BIND(2) Linux Programmer's Manual BIND(2)

bind - ソケットに名前をつける

#include <sys/types.h> /* 「注意」参照 */ #include <sys/socket.h> int bind(int sockfd, const struct sockaddr *addr, socklen_t addrlen);

socket(2) でソケットが作成されたとき、そのソケットは名前空間 (アドレスファミリー) に 存在するが、アドレスは割り当てられていない。 bind() は、ファイルディスクリプター sockfd で参照されるソケットに addr で指定されたアドレスを割り当てる。 addrlen には addr が指すアドレス構造体のサイズをバイト単位で指定する。 伝統的にこの操作は 「ソケットに名前をつける」 と呼ばれる。 SOCK_STREAM ソケットが接続を受け付けられるようにするには (accept(2) を参照)、通常その前に bind() を使用してローカルアドレスを割り当てる必要がある。 名前付けのルールはアドレスファミリーごとに異なっている。詳細な情報は 第 7 章の各マニュアルを参照すること。 AF_INET は ip(7) を、 AF_INET6 は ipv6(7) を、 AF_UNIX は unix(7) を、 AF_APPLETALK は ddp(7) を、 AF_PACKET は packet(7) を、 AF_X25 は x25(7) を、 AF_NETLINK は netlink(7) を参照。 addr 引き数に実際にどのような構造体が渡されるかは、 アドレスファミリーに依存する。 sock‐ addr 構造体は以下のような感じで定義されている: struct sockaddr { sa_family_t sa_family; char sa_data[14]; } この構造体は、 addr に渡される構造体へのポインターをキャストし、 コンパイラの警告メッセージを抑えるためだけに存在する。 下記の「例」を参照。

成功した場合にはゼロが返される。エラー時には -1 が返され、 errno が適切に設定される。

EACCES そのアドレスは保護されていて、かつユーザーがスーパーユーザーではない。 EADDRINUSE 指定されたアドレスが既に使用中である。 EADDRINUSE (インターネットドメインソケットの場合) ソケットアドレス構造体でポート番号に 0 が指定されたが、 一時ポート (ephemeral port) を割り当てようとした際に、 一時ポートとして使用する範囲のすべてのポート番号が使用中であった。 ip(7) の /proc/sys/net/ipv4/ip_local_port_range の説明を参照。 EBADF sockfd が不正なディスクリプターである。 EINVAL ソケットがすでにアドレスに結びつけ (bind) られている。 EINVAL addrlen が間違っているか、 addr がこのソケットのドメインで有効なアドレスではない。 ENOTSOCK sockfd がファイルに対するディスクリプターで、ソケットに対するものではない。 以下のエラーは UNIXドメイン (AF_UNIX) のソケット特有である: EACCES パス名の構成要素に検索許可 (search permission) がない (path_resolution(7) も参照すること)。 EADDRNOTAVAIL 存在しないインターフェースが要求されたか、要求されたアドレスが ローカルではなかった。 EFAULT addr がユーザーのアクセス可能なアドレス空間の外を指している。 ELOOP addr を解決する際に遭遇したシンボリックリンクが多過ぎる。 ENAMETOOLONG addr が長過ぎる。 ENOENT ファイルが存在しない。 ENOMEM カーネルに、利用可能なメモリーが十分にない。 ENOTDIR パス名の構成要素がディレクトリではない。 EROFS ソケット inode が読み込み専用のファイルシステム上にある。

SVr4, 4.4BSD, POSIX.1-2001 (bind() は 4.2BSD で最初に現われた)。

POSIX.1-2001 では <sys/types.h> のインクルードは必須とされておらず、 Linux ではこのヘッダーファイルは必要ではない。 しかし、歴史的には、いくつかの実装 (BSD 系) でこのヘッダーファイルが 必要であり、移植性が必要なアプリケーションではこのファイルを インクルードするのが賢明であろう。 bind() の三番目の引き数は (4.x BSD や libc4, libc5 と同様に) 実際には int である。glibc でも使われている現在の socklen_t に関して、POSIX には少し混乱がある。 詳しくは accept(2) を参照のこと。

透過的プロキシ (transparent proxy) オプションについて記述していない。

インターネットドメインソケットでの bind() の利用例が getaddrinfo(3) に記載されている。 以下の例は、UNIX ドメイン (AF_UNIX) でストリームソケットを bind する方法を示したものである。 #include <sys/socket.h> #include <sys/un.h> #include <stdlib.h> #include <stdio.h> #include <string.h> #define MY_SOCK_PATH "/somepath" #define LISTEN_BACKLOG 50 #define handle_error(msg) \ do { perror(msg); exit(EXIT_FAILURE); } while (0) int main(int argc, char *argv[]) { int sfd, cfd; struct sockaddr_un my_addr, peer_addr; socklen_t peer_addr_size; sfd = socket(AF_UNIX, SOCK_STREAM, 0); if (sfd == -1) handle_error("socket"); memset(&my_addr, 0, sizeof(struct sockaddr_un)); /* Clear structure */ my_addr.sun_family = AF_UNIX; strncpy(my_addr.sun_path, MY_SOCK_PATH, sizeof(my_addr.sun_path) - 1); if (bind(sfd, (struct sockaddr *) &my_addr, sizeof(struct sockaddr_un)) == -1) handle_error("bind"); if (listen(sfd, LISTEN_BACKLOG) == -1) handle_error("listen"); /* Now we can accept incoming connections one at a time using accept(2) */ peer_addr_size = sizeof(struct sockaddr_un); cfd = accept(sfd, (struct sockaddr *) &peer_addr, &peer_addr_size) if (cfd == -1) handle_error("accept"); /* Code to deal with incoming connection(s)... */ /* When no longer required, the socket pathname, MY_SOCK_PATH should be deleted using unlink(2) or remove(3) */ }

accept(2), connect(2), getsockname(2), listen(2), socket(2), getaddrinfo(3), getifad‐ drs(3), ip(7), ipv6(7), path_resolution(7), socket(7), unix(7)

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。
Linux 2014-08-19 BIND(2)
bind(2).txt (日本語 / Japanese)
Index English version of bind(2)
Go top