SIMPLE SOLUTIONS

BLKID(8) - Linux manual

ブロックデバイスの属性を見つけて表示するコマンドラインユーティリティ.

May 2006
BLKID(8) System Manager's Manual BLKID(8)

blkid - ブロックデバイスの属性を見つけて表示するコマンドラインユーティリティ

blkid [ -hlv ] [ [ -c cachefile ] -w writecachefile ] [ -o format ] [ -s tag ] [ -t NAME=value ] [ device ... ]

blkid プログラムは libuuid(3) とともに動作するコマンドラインインタフェースである。 このプログラムは、コンテンツメタデータ (たとえば LABEL や UUID フィールド) から ブロックデバイスが保持するコンテンツタイプ (たとえばファイルシステムやスワップ) と 属性 (トークン、NAME=value ペア) を決定する。 blkid には主に 2 種類の操作形式がある。 特定の NAME=value ペアを持つデバイスを検索することと、 複数のデバイスの NAME=value ペアを表示することができる。

-c デフォルトのキャッシュファイル /etc/blkid.tab ではなく cachefile を読み込む。 何もキャッシュしていない状態で開始したい場合 (すなわち、以前はスキャンを行ったが 今回は利用する必要のないデバイスを表示しない場合) は、 /dev/null を指定すること。 -h 使用法のメッセージを表示して終了する。 -l -t オプションを使って指定された検索パラメータにマッチする デバイスをルックアップする。 このとき検索パラメータにマッチするデバイスは 1 つのみであると仮定する。 ディスクの数が多いシステムでは、絶対に必要でない限り デバイスを再検証する必要がないため、より効率的である。 このオプションが指定されてない場合、 blkid は検索パラメータにマッチする全てのデバイスの表示を許す効率の悪い手法を使う。 このオプションは LABEL=data_vol または UUID=e280469a-d06f-4c0b-b068-44f3b576029e のようなタグ検索で使うのが最も良い。 TYPE=ext3 のような検索パラメータを使って、 blkid に全ての ext3 ファイルシステムを表示させたい場合は、 このオプションを使うべきではない。 -o 指定された書式で blkid の出力を表示する。 format 引き数には、 full (デフォルト)・ value (blkid で表示される任意のタグの値のみを表示する)・ device (デバイス名のみを表示する) が指定できる。 -s tag にマッチするそれぞれの (指定された) デバイスについての タグのみを表示する。 複数の tag を指定することもできる。 tag が指定されない場合、全ての (指定された) デバイスの 全てのトークンが表示される。 トークンを表示せずキャッシュを更新したいだけの場合は、 その他のオプションを付けずに -s none を使用すること。 -t 値が value の NAME という名前のトークンを持つブロックデバイスを検索し、 見つかった全てのデバイスを表示する。 NAME の一般的な値としては、 TYPE, LABEL, UUID がある。 コマンドラインでデバイスが何も指定されていない場合は、 全てのブロックデバイスを検索する。 それ以外の場合は、ユーザが指定したデバイスのみを検索する。 -v バージョン番号を表示して終了する。 -w <writecachefile> デバイスキャッシュをデフォルトのキャッシュファイル /etc/blkid.tab ではなく writecachefile に書き込む。 キャッシュをデフォルトのファイルに保存したくない場合は、 /dev/null を指定すること。 このオプションが指定されない場合は、 -c オプションで指定されたファイルと同じファイルに書き出す。 <device> 指定されたデバイスのみのトークンを表示する。 コマンドラインで複数の <device> を指定することもできる。 何も指定されていない場合、認識できるならば /proc/parti‐ tions にある全てのデバイスについて表示される。

指定されたトークンが見つかった場合、 または (指定された) デバイスでタグが表示された場合は、0 が返される。 指定されたトークンが見つからなかった場合、 または (指定された) デバイスが識別できなかった場合は、終了コード 2 が返される。 使用法のメッセージを表示した場合、 または他のエラーの場合は、終了コード 4 が返される。

blkid は libblkid のために Andreas Dilger によって書かれた。

blkid はバージョン 1.26 から e2fsprogs パッケージの一部であり、 http://e2fsprogs.source‐ forge.net から入手できる。

libblkid(3)
E2fsprogs version 1.39 May 2006 BLKID(8)
blkid(8).txt (日本語 / Japanese)
Index English version of blkid(8)
Go top