SIMPLE SOLUTIONS

BZEXE(1) - Linux manual

実行ファイルを実行できる形で圧縮する.

BZEXE(1) General Commands Manual BZEXE(1)

bzexe - 実行ファイルを実行できる形で圧縮する

bzexe [ name ... ]

bzexe ユーティリティは実行ファイルを圧縮し、 この圧縮ファイルが実行された際に自動的に伸長して起動されるようにする (性能の面でペナルティーがある)。 例えば、“bzexe /bin/cat” を実行すると、 以下の 2 つのファイルが生成される。 -r-xr-xr-x 1 root bin 9644 Feb 11 11:16 /bin/cat -r-xr-xr-x 1 bin bin 24576 Nov 23 13:21 /bin/cat~ /bin/cat~ は元のファイルで、/bin/cat は自己伸長実行ファイルである。 /bin/cat が正しく動作することを確認できたら、/bin/cat~ は削除してもよい。 このユーティリティーが最も役立つのは、 ディスク容量が非常に小さいシステムにおいてである。

-d 指定された実行ファイルを圧縮するのではなく伸長する。

bzip2(1), znew(1), zmore(1), zcmp(1), zforce(1)

圧縮された実行ファイルはシェルスクリプトである。 このことによって、何らかのセキュリティホールが生成される可能性がある。 特に、圧縮実行ファイルは gzip や他のユーティリティ (tail, chmod, ln, sleep) を見つけるために PATH 環境変数に依存している。

bzexe は元ファイルのファイル属性を圧縮実行ファイルに引き継ごうとするが、 chmod や chown を使って手動で属性を修正しなければならない場合がある。
BZEXE(1)
bzexe(1).txt (日本語 / Japanese)
Index English version of bzexe(1)
Go top