SIMPLE SOLUTIONS

CALIBRE-SERVER(1) - Linux manual

Calibre-server.

4月 06, 2018
CALIBRE-SERVER(1) calibre CALIBRE-SERVER(1)

NAME

calibre-server - calibre-server calibre-server [オプション] [ライブラリフォルダへのpath...] Calibreのコンテンツサーバを開始。コンテンツサーバはCalibreライブラリを インターネット上に公開します。calibre-server の引数としてライブラリフォルダへのpathを 指定することができます。pathの指定がない場合には、Calibreプログラムの知っている すべてのライブラリが対象となります。 スペースを含む引数を calibre-server に渡す場合には、クォーテーションマークでくくってください。例: "/some path/with spaces" [オ --access-log アクセスログファイルへのpath。このログにはクライアントからサーバへの接続や、要求についての情報が記録されます。デフォルトでは、アクセスログは記録しません。 --ajax-timeout クエリ実行時にサーバからの応答を待つ最大時間 (秒指定). --auth-mode 使用する認証タイプ. サーバが使用するHTTP認証モード。SSLプロキシを介してサーバを公開する場合には "basic" を設定してください。そうでない場合には "auto" にしてください。"auto" は、SSLが設定されている場合には "basic" を使用し、それ以外の場合には "digest" を使用します。 --auto-reload ソースコードが変更されたとき自動的にサーバーの再読み込みを行います。デバッグ時に有用です。シャットダウンタイムアウトに小さい値を指定するのもよいでしょう。 --ban-after 利用停止するまでのログイン失敗回数. ログインに何回失敗したらIPアドレスを遮断するかを指定。 --ban-for 連続してログインに失敗したIPアドレスを遮断する. 繰り返しログインに失敗したIPアドレスを、指定した時間 (分単位) だけ一時的に遮断します。ブルートフォース攻撃への対策として有効です。0 を設定すると、遮断しません。 --compress-min-size 応答がデータ圧縮を使用する最小サイズ (バイト単位). --custom-list-template カスタムな本一覧モードのテンプレートを格納したJSONへのpath。このテンプレートを作成する最も簡単な方法は、Cal‐ i‐ breの「設定」→「ネット共有」→「書籍一覧テンプレート」へ行ってテンプレートを作成し、エクスポートすることです。 --daemonize プロセスをバックグラウンドでデーモンとして起動 (Linuxのみ) --displayed-fields 表示するユーザ定義フィールドを限定. コンテンツサーバ /opds および /mobile ビューで表示させるユーザ定義の書誌情報フィールドを、カンマ区切りで指定。このオプションを指定したとき、リストにないフィールドは表示されなくなります。例: my_rating,my_tags --enable-allow-socket-preallocation, --disable-allow-socket-preallocation ソケットの事前割り当て。たとえばsys‐ temdソケットアクティベーションなどと使用する場合。. デフォルトでは、このオプションは有効に設定されています。 --enable-auth, --disable-auth サーバアクセスにパスワード認証を使用. 通常、サーバへのアクセスには制限を設けず、誰にでもアクセスできるようになっています。このオプションを使うと、アクセスを事前に定義したユーザに限定することができます。 デフォルトでは、このオプションは無効に設定されています。 --enable-fallback-to-detected-interface, --disable-fallback-to-detected-interface 自動認識したインタフェースにフォールバックする. 何らかの理由によりlis‐ ten_onオプションで指定されたインタフェースにサーバがバインドできない場合、外部に接続するインタフェースを検出してバインドしようと試みます。 デフォルトでは、このオプションは有効に設定されています。 --enable-local-write, --disable-local-write 認証されていないローカルコネクションでの変更を許可する. 通常、認証を有効にしていない場合には、匿名ユーザがCali‐ breライブラリに変更を加えることができないよう、サーバは読み取り専用モードで動作します。このオプションを有効にすると、サーバと同じコンピュータからの接続の場合には、誰でも ↲ 変更を加えることができるようになります。認証なしでサーバを運用しながら、Cal‐ ibreライブラリを変更するのにcalibredbを利用する場合に便利です。 デフォルトでは、このオプションは無効に設定されています。 --enable-log-not-found, --disable-log-not-found HTTP 404 (Not Found) 要求をログする. 通常、サーバはリソースが見つからなかったときのHTTP要求をログ保存します。しかしBOTの標的にされた場合には、ログがスパムであふれることになります。ログを止めるためにこの ↲ オプションを利用してください。 デフォルトでは、このオプションは有効に設定されています。 --enable-use-bonjour, --disable-use-bonjour BonJour経由でOPDSフィードを公開する. Bon‐ Jourサービス経由でOPDSフィードを公開します。これによりOPDSベースのリーダアプリがサーバを自動的に検出して接続できるようになります。 デフォルトでは、このオプションは有効に設定されています。 --enable-use-sendfile, --disable-use-sendfile 性能向上のためゼロコピーでファイル転送する. ネットワーク上でファイルを転送する際、性能向上のためにカーネル内転送にゼロコピーを使用します。ただし、変則的なファイルシステム上では転送されたファイルが破損することがありま ↲ す。転送ファイルが破損していた場合には、無効に設定してください。 デフォルトでは、このオプションは有効に設定されています。 --help, -h このヘルプメッセージを表示して終了 --ignored-fields 無視するユーザ定義書誌情報フィールド. コンテンツサーバに /opds および /mobile ビューで表示させないユーザ定義の書誌情報フィールドを、カンマ区切りで指定。例: my_rating,my_tags --listen-on 接続を待ち受けするインタフェース. デフォルトでは、すべての利用可能なインタフェースで待ち受けします。これをたとえば "127.0.0.1" に変更するとローカルマシンからの接続に限定し、"::" に変更するとIPv6とIPv4の接続を待ち受けします。 --log サーバログファイルへのpath。このログにはサーバ情報とエラーが記録されますが、アクセスログは記録しません。デフォルトでは標準出力に出力されます。 --manage-users サーバーに接続するユーザのデータベースを管理。オプション --userdb も確認してください。 --max-header-line-size 単一のHTTPヘッダの最大サイズ (KB単位). --max-job-time ワーカープロセスの最大時間. ワーカープロセスの実行を許可する最大時間 (分単位)。制限しない場合にはゼロを指定。 --max-jobs ワーカープロセスの最大数. ワーカープロセスは本の閲覧準備/追加/変換などの大きなジョブを扱うために、必要に応じて起動されます。通常、こうしたプロセスの最大数はCPUコア数に基づいて決定します。この設 ↲ 定では、そのプロセス最大数を制御できます。 --max-log-size ログファイルの最大長 (MB単位). サーバが精製するログファイルの最大サイズ。ログが指定のサイズを超えると、先頭から上書きされます。0を設定すると、上書きしなくなります。 --max-opds-items OPDSフィード中の最大冊数. サーバが単一のOPDSフィード内に返す本の最大数 --max-opds-ungrouped-items フィード中でグループ化していないアイテム数のOPDS最大数. 著者やタグなどのカテゴリの1文字目の数がここで指定した数を超えた場合にグループ化します。0を指定するとグループ化しません。 --max-request-body-size サーバへのアップロードを許可する最大サイズ (MB単位). --num-per-page 1ページあたりに表示する本の数. ブラウザ1ページあたりに表示する本の数 --pidfile プロセスPIDを書き込むファイルを指定 --port コネクションの接続待ち用ポート. --shutdown-timeout クリーンシャットダウンを行う前の待ち時間 (秒単位). --ssl-certfile SSL認証ファイルへのpath. --ssl-keyfile SSLプライベートキーファイルへのpath. --timeout アイドルな接続を切断するまでの時間 (秒単位). --url-prefix すべてのURLに追加するプリフィックス. リバースプロキシをはさんでサーバを運用する場合に有用です。使用例: URLプリフィックスとして /calibre --userdb 認証に使用するユーザデータベースへのpath。データベースはSQLiteファイルです。データベース作成には:option: ` --manage-users`を使用します。ユーザ管理についての詳細は https://manual.calibre-ebook.com/server.html#managing-user-accounts-from-the-command-l ↲ ine-only を参照してください。 --version プログラムのバージョン番号を表示して終了 --worker-count 要求を処理するワーカースレッド数.

AUTHOR

Kovid Goyal
Kovid Goyal
3.21.0 4月 06, 2018 CALIBRE-SERVER(1)
calibre-server(1).txt (日本語 / Japanese)
Index English version of calibre-server(1)
Go top