SIMPLE SOLUTIONS

CANCEL(1) - Linux manual

ジョブの取り消しを行う.

CUPS
cancel(1) Apple Inc. cancel(1)

cancel - ジョブの取り消しを行う

cancel [ -E ] [ -U username ] [ -a ] [ -h hostname[:port] ] [ -u username ] [ id ] [ des‐ tination ] [ destination-id ]

cancel は存在する印刷ジョブの取り消しを行う。 -a オプションを付けると、 指定された出力先からすべてのジョブを消去する。

cancel は以下のオプションを認識する。 -E サーバに接続するとき、必ず暗号化を行うようにする。 -U username サーバに接続するときに使用するユーザ名を指定する。 -a 指定された出力先のすべてのジョブをキャンセルする。 出力先が指定されていない場合は、すべての出力先のすべてのジョブをキャンセルする。 -h hostname[:port] 別のサーバを選択する。 -u username username がオーナーであるジョブをキャンセルする。

System V の印刷システムとは違って、CUPS ではプリンタ名に、空白、タブ、 "/"、"#" 以外なら、どんな印刷可能文字でも使用することができる。 また、プリンタ名やクラス名について、大文字小文字の区別も行わない。

ユーザが -u オプションを使って、自分に権限のないジョブのキャンセルを行うのを防止したいなら、 管理者は、ジョブのキャンセル操作に認証が必要となるよう、cupsd.conf(5) で設定するべきである。

lp(1), lpmove(8), lpstat(1), http://localhost:631/help

Copyright 2007-2011 by Apple Inc.
20 March 2006 CUPS cancel(1)
cancel(1).txt (日本語 / Japanese)
Index English version of cancel(1)
Go top