SIMPLE SOLUTIONS

CANNASTAT(1) - Linux manual

かな漢字変換サーバの情報の表示.

日本語機能ユーティリティ
cannastat(1) General Commands Manual cannastat(1)

cannastat - かな漢字変換サーバの情報の表示

cannastat [{-cs|-cannaserver} canna-server ] [-p] [-t] [-a]

cannastat(1)はかな漢字変換サーバcannaserver(1M)の情報を表 示します。表示される情報としては,接続しているサーバの存在する マシン名,can‐ naserver(1M)のバージョン,サーバに接続しているクラ イアントの数,サーバに接続しているユーザ名,ユーザ番号,ソケット番号, 使用しているコンテクストの数,サーバへの接続時間,サーバの使用時間,ア イドル時間,クライアントの存在するホスト名,各プロトコルの使用頻度等が あります。 cannastat(1)をオプション無しで呼び出した時の表示は次のようになり ます。 Connected to machine1 Canna Server (Ver. 2.1) Total connecting clients 1 USER_NAME ID NO U_CX C_TIME U_TIME I_TIME HOST_NAME kon 5 0 4 Tue 21 8:49am 11 12:48 machine2 それぞれの項目の意味は次のとおりです。 USER_NAME ユーザ名 ID ソケット番号 NO ユーザ番号 U_CX 使用しているコンテクストの数 C_TIME 接続した時間(時:分) U_TIME サーバの使用時間(時間:分'秒) I_TIME アイドル時間(時間:分) HOST_NAME クライアントの存在するホスト名

-cs canna-server (または,-cannaserver canna-server) かな漢字変換サーバを指定します。 -p 使用されたプロトコルの頻度が表示されます。 -t cannastat を起動したユーザに関し てID,NO,U_CX,C_TIME,U_TIME,I_TIME,HOST_NAME,などの情報とともに 使用したプロトコルの頻度が表示されます。 -a すべてのユーザのすべての情報が表示されます。

/etc/canna/cannahost cannaserver が動作しているホスト名

cannaserver(1M), cannakill(1M), cannacheck(1)

CANNAHOST cannaserver(1M)が動いているホスト名を指定する。
日本語機能ユーティリティ 0a
cannastat(1).txt (日本語 / Japanese)
Index English version of cannastat(1)
Go top