SIMPLE SOLUTIONS

CEIL(3) - Linux manual

引き数を下回らない最小の整数値.

2013-06-21
CEIL(3) Linux Programmer's Manual CEIL(3)

ceil, ceilf, ceill - 引き数を下回らない最小の整数値

#include <math.h> double ceil(double x); float ceilf(float x); long double ceill(long double x); -lm でリンクする。 glibc 向けの機能検査マクロの要件 (feature_test_macros(7) 参照): ceilf(), ceill(): _BSD_SOURCE || _SVID_SOURCE || _XOPEN_SOURCE >= 600 || _ISOC99_SOURCE || _POSIX_C_SOURCE >= 200112L; or cc -std=c99

これらの関数は x より小さくない最小の整数値を返す。 例えば、 ceil(0.5) は 1.0 であり、 ceil(-0.5) は 0.0 である。

これらの関数は x を下回らない整数値を返す。 x が整数、+0、-0、NaN、無限のいずれかの場合、 x そのものが返される。

エラーは発生しない。 POSIX.1-2001 にはオーバーフローでの範囲エラー (range error) の 記載がある。「注意」の節を参照のこと。

マ 関数 ceil(), ceilf(), ceill() はスレッドセーフである。

C99, POSIX.1-2001. double 版の関数は SVr4, 4.3BSD, C89 にも準拠している。

SUSv2 と POSIX.1-2001 にはオーバーフローに関する記述があり、 オーバーフローの場合には、 errno を ERANGE に設定するか、 FE_OVERFLOW 例外を発生することとされている。 実際のところ、どの現行のマシンでも結果がオーバーフローを起こすことはないので、 このエラー処理は意味がない。 (より正確に言うと、オーバーフローは指数部の最大値が 仮数部を表すビットの数より小さい場合にしか起こらない。 IEEE-754 規格の 32 ビットと 64 ビットの浮動小数では、 指数部の最大値はそれぞれ 128 と 1024 であり、 仮数部のビット数はそれぞれ 24 と 53 である。) これらの関数が返す整数値は整数型 (int, long など) に格納するには大き過ぎるかもしれない。 オーバーフローが起こった場合の結果は分からないので、 オーバーフローを避けるため、アプリケーションでは整数型に代入する前に 返された値の範囲確認を実行すべきである。

floor(3), lrint(3), nearbyint(3), rint(3), round(3), trunc(3)

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。
2013-06-21 CEIL(3)
ceil(3).txt (日本語 / Japanese)
Index English version of ceil(3)
Go top