SIMPLE SOLUTIONS

CHPASSWD(8) - Linux manual

パスワードファイルをバッチ処理で更新する.

CHPASSWD(8) System Manager's Manual CHPASSWD(8)

chpasswd - パスワードファイルをバッチ処理で更新する

chpasswd [-e]

chpasswd コマンドは 標準入力からユーザ名とパスワードの組が記されているファイルを読み込み、 その情報を用いて既存のユーザ群のパスワード情報を更新する。 -e オプションがない場合は、パスワードは平文とみなされる。 -e オプションがある場合は、パスワードは暗号化されているとみなされる。 各行の書式は次の通り。 user_name:password 指定したユーザは既に存在していなければならない。 与えられたパスワードは必要に応じて暗号化され、 パスワードの有効期限がある場合はそれも更新される。 このコマンドは、同時に大量のアカウントを作成するような、 大規模なシステム環境で用いるために作られた。

入力ファイルに暗号化されていないパスワードが記されている場合は、 適切に保護しておかなければならない。

passwd(1), newusers(8), useradd(8)

Julianne Frances Haugh (@ix.netcom.com)
CHPASSWD(8)
chpasswd(8).txt (日本語 / Japanese)
Index English version of chpasswd(8)
Go top