SIMPLE SOLUTIONS

CLOCK_NANOSLEEP(2) - Linux manual

指定したクロックでの高精度な実行停止 (sleep).

2014-12-31
CLOCK_NANOSLEEP(2) Linux Programmer's Manual CLOCK_NANOSLEEP(2)

clock_nanosleep - 指定したクロックでの高精度な実行停止 (sleep)

#include <time.h> int clock_nanosleep(clockid_t clock_id, int flags, const struct timespec *request, struct timespec *remain); -lrt とリンクする (バージョン 2.17 より前の glibc のみ) glibc 向けの機能検査マクロの要件 (feature_test_macros(7) 参照): clock_nanosleep(): _XOPEN_SOURCE >= 600 || _POSIX_C_SOURCE >= 200112L

clock_nanosleep() を使うと、 nanosleep(2) 同様、ナノ秒の精度で指定された期間だけ呼び出したスレッドの実行を 停止することができる。 nanosleep(2) と違うのは、呼び出し側が停止期間をどのクロックに対して計測するのかを選択 できる点と、停止期間を絶対値でも相対値でも指定できる点である。 このシステムコールに渡したり、このシステムコールが返したりする時間の値は timespec 構造体を使って指定される。この構造体の定義は以下の通りである。 struct timespec { time_t tv_sec; /* seconds */ long tv_nsec; /* nanoseconds [0 .. 999999999] */ }; clock_id 引き数で、停止期間をどのクロックに対して計測するかを指定する。 この引き数には以下の値のいずれか一つを指定できる。 CLOCK_REALTIME システム全体で使われる実時間クロック。 このクロックは変更可能である。 CLOCK_MONOTONIC 過去のある時点からの時間を計測する、単調増加のクロック。 起点となる時点はシステム起動後には変更されない。 このクロックは変更することができない。 CLOCK_PROCESS_CPUTIME_ID そのプロセスの全スレッドで消費される CPU 時間を計測するプロセス単位の クロック。このクロックは設定可能である。 これらのクロックの詳細は clock_getres(2) を参照。 また、 clock_getcpuclockid(3)pthread_getcpuclockid(3) が返す CPU クロック ID は clock_id に渡すこともできる。 flags が 0 の場合、 request に指定された値は clock_id で指定されたクロックの現在の値からの相対的な期間と解釈される。 flags が TIMER_ABSTIME の場合、 request は指定されたクロックで計測される絶対時刻と解釈される。 request が指定されたクロックの現在の値以下の場合、 clock_nanosleep() は、呼び出したスレッドの停止を行わず、すぐに返る。 clock_nanosleep() は、少なくとも request で指定された時間が経過するまで、呼び出したスレッドの実行を停止する。 シグナルハンドラーが呼び出されたり、そのプロセスを終了させるような シグナルが配送されたりした場合にも、スレッドの実行停止は終了する。 呼び出しがシグナルハンドラーによって割り込まれた場合、 clock_nanosleep() はエラー EINTR で失敗する。さらに、 remain が NULL でなく、かつ flags が TIMER_ABSTIME でない場合には、 remain に残りの停止時間が返される。 この値を使って clock_nanosleep() を再度呼び出すことで、(相対的な期間の) 停止を完了することができる。

要求された期間の停止に成功すると、 clock_nanosleep() は 0 を返す。 シグナルハンドラーで割り込まれたり、エラーが発生したりした場合、 「エラー」の節のリストにある正のエラー番号のいずれか一つを返す。

EFAULT request や remain に無効なアドレスが指定された。 EINTR 停止がシグナルハンドラーにより割り込まれた。 EINVAL tv_nsec フィールドの値が 0 から 999999999 の範囲でないか、 tv_sec の値が負であった。 EINVAL clock_id が無効であった (CLOCK_THREAD_CPUTIME_ID が clock_id として有効な値ではない)。

clock_nanosleep() システムコールは Linux 2.6 で初めて登場した。 glibc ではバージョン 2.1 以降でサポートされている。

POSIX.1-2001.

request で指定された停止期間が、時間の計測に使用されるクロック (time(7) 参照) の精度の倍数ちょうどでない場合、停止期間は一番近い次の倍数に 切り上げられる。さらに、停止が完了した後に、CPU が呼び出したスレッドを もう一度実行できるようになるまでには、遅延が入る可能性がある。 絶対値指定のタイマーを使うのは、 nanosleep(2) に書かれている類のタイマーのずれの問題を防止するのに役立つ (この種の問題は、シグナルに割り込まれた際に相対指定の停止を 繰り返し再開しようとするプログラムでは、かえって悪化する)。 これらの問題を回避して相対指定の停止を実行するには、 希望するクロックで clock_gettime(2) を呼び出し、その返り値の時刻値に希望する期間を加算してから、 TIMER_ABSTIME フラグを指定して clock_nanosleep() を呼び出す。 sigaction(2) で SA_RESTART フラグが指定されているかに関わらず、シグナルハンドラーにより割り込まれた後に clock_nanosleep() が再開されることは決してない。 flags が TIMER_ABSTIME の場合、 remain 引き数は使用されず、不要である (絶対値での停止では、同じ request 引き数を使って再度呼び出すことができる)。 POSIX.1 の規定では、 clock_nanosleep() はシグナルの処理方法やシグナルマスクに影響を与えない、とされている。 POSIX.1 の規定では、 clock_settime(2) で CLOCK_REALTIME クロックの値を変更した後は、絶対値指定の clock_nanosleep() で停止しているスレッドを起動させる時刻の判定は、 新しいクロック値を使って行われる、とされている。 新しいクロック値において停止期間の終了時刻が過去になってしまった場合には、 clock_nanosleep() はすぐに返ることになる。 POSIX.1 の規定では、 clock_settime(2) で CLOCK_REALTIME クロックの値を変更しても、相対値指定の clock_nanosleep() で停止しているスレッドには影響を与えない、とされている。

clock_getres(2), nanosleep(2), restart_syscall(2), timer_create(2), sleep(3), usleep(3), time(7)

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。
Linux 2014-12-31 CLOCK_NANOSLEEP(2)
clock_nanosleep(2).txt (日本語 / Japanese)
Index English version of clock_nanosleep(2)
Go top