SIMPLE SOLUTIONS

COMM(1) - Linux manual

ソートされた二つのファイルを行単位に比較する.

2016年2月
COMM(1) ユーザーコマンド COMM(1)

comm - ソートされた二つのファイルを行単位に比較する

comm [OPTION]... FILE1 FILE2

ソートされたファイル FILE1 および FILE2 を一行ずつ比較します。 FILE1 と FILE2 の一方が - の場合 (両方は不可)、標準入力から読み込みます。 オプションが無い場合、3列の出力を生成します。1列目は FILE1 のみに含ま れる行、2列目は FILE2 のみに含まれる行、3列目は両方のファイルに含まれ る行となります。 -1 1列目を抑止する (FILE1 のみに含まれる行) -2 2列目を抑止する (FILE2 のみに含まれる行) -3 3列目を抑止する (両方のファイルに含まれる行) --check-order 全ての行の組み合わせが一致していても、正しく ソートされているかを確認する --nocheck-order 入力が正しくソートされているかを確認しない --output-delimiter=STR 列を STR で分割する -z, --zero-terminated 行の区切りを改行でなく NUL にする --help この使い方を表示して終了する --version バージョン情報を表示して終了する 注: 比較の際には 'LC_COLLATE' で指定されたルールが使用されます。

comm -12 file1 file2 file1 と file2 の両方に存在する行のみを表示する comm -3 file1 file2 file1 に存在して file2 に存在しない行および file2 に存在して file1 に存在しない行を表示する GNU coreutils のオンラインヘルプ: <http://www.gnu.org/software/coreutils/> comm の翻訳に関するバグは <http://translationproject.org/team/ja.html> に連絡してください。 完全な文書は <http://www.gnu.org/software/coreutils/comm> にあります。 ローカルでは info '(coreutils) comm invocation' で参照できます。

作者 Richard M. Stallman および David MacKenzie。

Copyright © 2016 Free Software Foundation, Inc. ライセンス GPLv3+: GNU GPL version 3 or later <http://gnu.org/licenses/gpl.html>. This is free software: you are free to change and redistribute it. There is NO WARRANTY, to the extent permitted by law.

join(1), uniq(1) comm の完全なマニュアルは Texinfo マニュアルとして整備されている。もし、 info および comm のプログラムが正しくインストールされているならば、コマンド info comm を使用すると完全なマニュアルを読むことができるはずだ。
GNU coreutils 2016年2月 COMM(1)
comm(1).txt (日本語 / Japanese)
Index English version of comm(1)
Go top