SIMPLE SOLUTIONS

COMSAT(8) - Linux manual

Biff サーバ.

comsat — biff サーバ

comsat

comsat は、受信メールのレポートを受け取り、 サービスを要求しているユーザーに対して通知を行う、サーバプロセスである。 comsat は “biff” サービス仕様 (services(5)inetd(8) を参照) に関連するデータグラムポートのメッセージを受信する。 1 行メッセージは次の形式である: user@mailbox-offset ここで指定されているユーザー user がシステムにログインしていて、 割り当てられた端末の所有者の実行ビットが (“biff y”) によって ON になっている場合、 offset がメールボックスファイルのシークオフセットとして使われ、 メッセージの先頭 7 行または先頭 560 文字がユーザーの端末に表示される。 “From” と “Subject” 以外のメッセージヘッダの一部とみなされる行は、 表示される行には含まれない。

/var/run/utmp 誰がどの端末でログインしているかを見つけるためのファイル

biff(1), inetd(8)

メッセージヘッダのフィルタリングは誤りがちである。 表示される情報の量は、理論的な最小限の量に近い。 現在ログインしているマシンへのメール到着ではなく、 他のマシンにメールが届いたことがユーザーに通知されるべきである。 通知は別のウインドウに表示されるべきである。 そうすれば、スクリーンの表示が乱されない。 バグは、diff/patch・コンパイラエラー・ できる限り完全なバグレポートとともに、 net‐ @ftp.uk.linux.org に送って下さい。

comsat デーモンは 4.2BSD で登場した。

この man ページの翻訳にあたり、 FreeBSD jpman project <http://www.jp.freebsd.org/man-jp/> による翻訳を参考にさせていただいた。
comsat(8).txt (日本語 / Japanese)
Index English version of comsat(8)
Go top