SIMPLE SOLUTIONS

CREATE_MODULE(2) - Linux manual

ローダーブルモジュールのエントリーを作成する.

2014-05-10
CREATE_MODULE(2) Linux Programmer's Manual CREATE_MODULE(2)

create_module - ローダーブルモジュールのエントリーを作成する

#include <linux/module.h> caddr_t create_module(const char *name, size_t size); 注意: この関数の宣言は glibc のヘッダーでは提供されていない。「注意」を参照。

注意: このシステムコールが存在するのは、カーネル 2.6 より前の Linux だけである。 create_module() は、ローダーブルモジュールのエントリーを作成し、そのモジュールの保持に必要な カーネルメモリーを予約しようとする。 このシステムコールを使うには特権が必要である。

成功すると、モジュールが配置されるカーネル空間のアドレスを返す。 エラーの場合 -1 を返し、 errno を適切に設定する。

EEXIST その名前のモジュールがすでに存在する。 EFAULT name がプログラムがアクセスできるアドレス空間の外部にある。 EINVAL 要求したサイズが小さすぎて、モジュールのヘッダー情報すら格納できない。 ENOMEM モジュールを格納するのに必要な大きさの連続したメモリーブロックを カーネルが確保できなかった。 ENOSYS create_module() がこのバージョンのカーネルではサポートされていない (例えば、カーネルのバージョンが 2.6 以降)。 EPERM 呼び出し元が特権 (CAP_SYS_MODULE ケーパビリティ) を持っていなかった。

このシステムコールが存在するのはカーネル 2.4 までの Linux だけである。 Linux 2.6 では削除された。

create_module() は Linux 固有である。

create_module() システムコールは glibc ではサポートされていない。 glibc ヘッダーでは宣言は提供されていないが、 歴史の紆余曲折を経て glibc はこのシステムコールに対する ABI を公開していない。 したがって、このシステムコールを利用するには、自分のコードの中で手動でインターフェースを宣言すればよい。 syscall(2) を使ってシステムコールを起動できる。

delete_module(2), init_module(2), query_module(2)

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。
Linux 2014-05-10 CREATE_MODULE(2)
create_module(2).txt (日本語 / Japanese)
Index English version of create_module(2)
Go top