SIMPLE SOLUTIONS

DDATE(1) - Linux manual

グレゴリオ暦の日付をディスコルディア暦の日付に変換する.

59 Bureaucracy 3161
DDATE(1) Emperor Norton Utilities DDATE(1)

ddate - グレゴリオ暦の日付をディスコルディア暦の日付に変換する

ddate [+format] [date]

ddate は日付をディスコルディア暦の日付形式で表示する。 引き数なしで呼び出されると、 ddate は現在のシステム日付を取得し、ディスコルディア暦の日付形式に変換して、 標準出力に表示する。 反対に、コマンドライン上からグレゴリオ暦の日付を 数字で日・月・年の形式で指定することもできる。 フォーマット文字列が指定された場合、ディスコルディア暦の日付が この文字列で指定された形式で表示される。 この仕組みは date(1) のフォーマット文字列の仕組みと同様に動作するが、 フォーマットされた結果はほとんど完全に異なる。 フィールドを以下に示す: %A 週内日の完全な名前 (すなわち、Sweetmorn のような形式) %a 週内日の省略した名前 (すなわち、SM のような形式) %B 季節の完全な名前 (すなわち、Chaos のような形式) %b 季節の省略した名前 (すなわち、Chs のような形式) %d 序数表示した季節内通算日数 (すなわち、23 のような形式) %e 基数表示した季節内通算日数 (すなわち、23rd のような形式) %H その日が祝日ならば、その祝日名 %N その日が祝日でない限り、これ以降のフォーマットを表示しないようにする マジックコード %n 改行 %t タブ %X X-Day までの残り日数 (SubGenius オプションが組み込まれていなければ有効でない) %{ %} その日が聖 Tib の日であった場合に、 "聖 Tib の日" という単語に置き換えられる部分文字列を囲むのに使われる %. 試して見てみなさい

% ddate Sweetmorn, Bureaucracy 42, 3161 YOLD % ddate +'今日は %{%A, the %e of %B%}, %Y 年です。\ %N%n%H の日をお祝いしましょう。' 今日は Sweetmorn, the 42nd of Bureaucracy, 3161 年です。 % ddate +"その日は %{%A, the %e of %B%}, %Y 年です。\ %N%n%H の日をお祝いしましょう。" 26 9 1995 その日は Prickle-Prickle, the 50th of Bureaucracy, 3161 年です。 Bureflux の日をお祝いしましょう。 % ddate +"今日は %{%A, the %e of %B%}, %Y 年です。\ %N%n%H の日をお祝いしましょう。" 29 2 1996 今日は 聖 Tib の日, 3162 年です。

ddate(1) は、聖 Tib の日の日付を表示するように指示されている場合に、 フォーマット文字列に聖 Tib の日を表すデリミタ %{ と %} が含まれていないと、 予期せぬ挙動をする。

`X-Day' が無事に過ぎた後、 SubGenius 教会は、その年がさかさまになったことを宣言した。 - つまり、X-Day は西暦 1998 年ではなく、実際には西暦 8661 年である。 したがって、本当の X- Day は Cfn 40, 9827 である。

元々のプログラムは Druel the Chaotic, aka Jeremy Johnson (@gnu.ai.mit.edu) が書いた。 Lee H:. O:. Smith, KYTP, aka Andrew Bulhak (@dev.null.org) が大幅に書き直した。 Five tons of flax.

Public domain. All rites reversed.

date(1), http://www.subgenius.com/ Malaclypse the Younger, Principia Discordia, Or How I Found Goddess And What I Did To Her When I Found Her
59 Bureaucracy 3161 DDATE(1)
ddate(1).txt (日本語 / Japanese)
Index English version of ddate(1)
Go top