SIMPLE SOLUTIONS

DEBHELPER-OBSOLETE-COMPAT(7) - Linux manual

サポートされなくなった互換性レベル一覧.

2018-05-10
debhelper(7) Debhelper debhelper(7)

debhelper-obsolete-compat - サポートされなくなった互換性レベル一覧

このドキュメントには、もはやサポートされていない全ての互換性レベルからのアップグレードに対するガイドラインが含まれています。従って、殆どが当時の目的についての説明と、サポートされていない ↲ 互換性レベルからサポートされているレベルへのアップグレードを支援するためのものになります。 サポートされている互換性レベルからのアップグレードについては、debhelper(7) を参照して下さい。

以下は過去のものとなった互換性レベルとその変更の一覧です。 v1 これは debhelper が元来持つ互換性レベルで、これがデフォルトです。このモードでは、debhelper はdebian/tmp を、control ファイルの最初に記載されているバイナリパッケージのビルドディレクトリとして利用しようとします。また、debian/package を control 内に指定されている全パッケージに対して適用します。 このモードは廃止されました。 v2 このモードを指定すると、常に debian/package を全パッケージのビルドディレクトリとして利用するようになります。 このモードは廃止されました。 v3 このモードは v2 のモードと同じ動作をしますが、以下の追加機能があります: - debhelper の設定ファイルは、* や ? のワイルドカードによるファイル名指定が利用できます。この機能を無効にし、これらワイルドカード文字をそのままの文字として扱うには、バックスラッシュを文字の前に置いて ↲ ください。 - dh_makeshlibs により、postinst や postrm スクリプトが ldconfig を呼び出すようになっています。 - dh_installdeb は、etc/ 以下のすべてのファイルを自動的に conffile として扱います。 このモードは廃止されました。 v4 v3 からの変更点: - dh_makeshlibs -V は、shlibs ファイル内の生成された依存関係を示す行のバージョン番号について、debian リビジョンを含めないようになりました。 - debian/control へ、${shlibs:Depends} の他に ${misc:Depends} を新たに指定するのが推奨されるようになりました。 - dh_fixperms により、bin/ ディレクトリ及び F <etc/init.d> 以下にあるすべてのファイルに実行権限が付与されるようになりました。 - dh_linkは、既存のリンクであってもポリシーに合わせ、リンクを修正するようになりました。 このモードは廃止されました。 v5 これはサポートされている最低限の互換性レベルです。 v4 からの変更点: - debhelper 設定ファイルでのコメントは無視されるようになりました。 - dh_strip --dbg-package により、デバッグ用シンボルテーブルに対してパッケージの名前を指定できるようになりました。以前はデバッグ用シンボルテーブルからパッケージの名前を取り出していました。 - dh_installdocs は空ファイルのインストールを飛ばします。 - dh_install は、ワイルドカードに該当するファイルが無い時はエラーを出力するようになりました。

debhelper(7)

Niels Thykier <@thykier.net> Joey Hess
11.1.6ubuntu2 2018-05-10 debhelper(7)
debhelper-obsolete-compat(7).txt (日本語 / Japanese)
Index English version of debhelper-obsolete-compat(7)
Go top