SIMPLE SOLUTIONS

DTOA(1) - Linux manual

28 January 1992
DTOA(1) General Commands Manual DTOA(1)

dtoa バイナリ辞書 → EUC形式辞書ヘの変換

/usr/local/bin/Wnn4/dtoa [-n] [-s] [-e|-E] [-h 品詞ファイル名] <バイナリ辞書ファイル名> [<頻度ファイル名> ...]

dtoa は、指定されたバイナリ辞書ファイルをEUC形式に変換して、標準出力 に出力する。デフォルトのEUC形式は、UJIS形式である。 UJIS以外のEUC形式の辞書を変換する場合は、環境変数 CSWIDTH を 設定する。CSWIDTH については、atod のマニュアルを参照のこと。 第2引数にユーザが持っている頻度ファイルを1つ以上指定すると、その頻度情報 がEUC形式辞書に反映される。 以下のオプションによって、動作を指定する。 -n EUC形式辞書を、読みの「ー」、ひらがな(全角文字)、半角英数字 (ASCII文字)の順にソートする。結果は標準出力に出力する。 -s シリアルナンバーを付けて出力する。 -e 特殊表現に展開する。このオプションをつけると、スペース、タブなどを 8進表現に、展開する。(デフォルト) -E 特殊表現に展開しない。このオプションをつけると、スペース、タブなどを 8進表現に、展開しない。 -h 品詞ファイル名を指定する。デフォルトは、/usr/local/lib/wnn/ja_JP/hinsi.dataである。

atod(1), dtoa(1), wnntouch(1)
28 January 1992 DTOA(1)
dtoa(1).txt (日本語 / Japanese)
Index
Go top