SIMPLE SOLUTIONS

DU(1) - Linux manual

ファイルのディスク使用量を推定する.

2016年2月
DU(1) ユーザーコマンド DU(1)

du - ファイルのディスク使用量を推定する

du [OPTION]... [FILE]... du [OPTION]... --files0-from=F

各ファイルのディスク使用量を集計します。ディレクトリは再帰的に処理します。 長いオプションで必須となっている引数は短いオプションでも必須です。 -0, --null 出力行の区切りとして改行文字ではなく NUL を使用する -a, --all ディレクトリだけでなく、全てのファイルについて表示する --apparent-size ディスク使用量ではなく実際のサイズを表示する。実際の サイズは通常小さくなるが、(スパース) ファイル内のホール、 内部フラグメンテーション、間接ブロックなどの理由で 大きくなることもある。 -B, --block-size=SIZE SIZE の倍数として表示する。例: '-BM' は 1,048,576 バイト単位でサイズを表示する -b, --bytes '--apparent-size --block-size=1' と同じ -c, --total 総合計量を表示する -D, --dereference-args コマンドラインで指定されたシンボリック のみをたどる -d, --max-depth=N コマンド実行場所から N 階層以内のディレクトリの (--all 指定時はファイルも) 合計を表示する。 --max-depth=0 は --summarize と同じ --files0-from=F ファイル F で指定された NUL で区切られた名前の ファイルからディスク使用量を読み取る F に - が指定された場合標準入力から読み込む -H --dereference-args (-D) と同様 -h, --human-readable 人間が読みやすい形式でサイズを表示する (例: 1K 234M 2G) --inodes ブロック使用量ではなく inode 使用量を表示する -k --block-size=1K と同様 -L, --dereference 全てのシンボリックリンクをたどる -l, --count-links ハードリンクされた場合その個数分サイズを数える -m --block-size=1M と同様 -P, --no-dereference シンボリックリンクをたどらない (デフォルト) -S, --separate-dirs 子ディレクトリのサイズを含めない --si -h と同様だが、1024 ではなく 1000 の累乗を表示する -s, --summarize 各引数の合計容量のみ表示する -t, --threshold=SIZE SIZE が正の場合は SIZE より小さいエントリを無視する。 SIZE が負の場合は SIZE より大きなエントリを無視する --time ディレクトリとその子ディレクトリに含まれる全て のファイルでの、最終更新時間を表示する --time=WORD 更新時間の代わりに WORD の時間を表示する。WORD には 次を指定できる: atime, access, use, ctime, status --time-style=STYLE 時間を STYLE の形式で表示する。STYLE には 次を指定できる: full-iso, long-iso, iso, +FORMAT FORMAT は 'date' と同様に解釈される -X, --exclude-from=FILE FILE 内のいずれかのパターンに一致するファイルを除外する --exclude=PATTERN PATTERN に一致するファイルを除外する -x, --one-file-system 異なるファイルシステム上のディレクトリはスキップする --help この使い方を表示して終了する --version バージョン情報を表示して終了する --block-size で指定した SIZE, DU_BLOCK_SIZE, BLOCK_SIZE およびBLOCKSIZE 環境変数 のうち、最初に指定されているサイズ単位で値が表示されます。それ以外の場合、デフォ ルトの単位は 1024 バイトになります (POSIXLY_CORRECT が設定されている場合 512 バ イト)。 SIZE 引数は整数で、追加で単位を指定できます (例えば、10M は 10*1024*1024 です)。 単位には K, M, G, T, P, E, Z, Y (1024 の累乗) や KB, MB, ... (1000 の累乗) が使用できます。 GNU coreutils のオンラインヘルプ: <http://www.gnu.org/software/coreutils/> du の翻訳に関するバグは <http://translationproject.org/team/ja.html> に連絡してください。 完全な文書は <http://www.gnu.org/software/coreutils/du> にあります。 ローカルでは info '(coreutils) du invocation' で参照できます。

PATTERN は (正規表現ではなく) シェルのパス名指定パターンです。 パターン ? は任意の 1 文字にマッチし、 * は (0 文字、1 文字、複数文字の) 任意の文字列にマッチします。 例えば、 *.o はファイル名が .o で終わる全てのファイルにマッチします。 したがって、コマンド du --exclude='*.o' では、名前が .o で終わるファイルとサブディレクトリが全てスキップされます (ファイル .o 自身もスキップされます)。

作者 Torbjörn Granlund、 David MacKenzie、 Paul Eggert、 および Jim Meyering。

Copyright © 2016 Free Software Foundation, Inc. ライセンス GPLv3+: GNU GPL version 3 or later <http://gnu.org/licenses/gpl.html>. This is free software: you are free to change and redistribute it. There is NO WARRANTY, to the extent permitted by law.

du の完全なマニュアルは Texinfo マニュアルとして整備されている。もし、 info および du のプログラムが正しくインストールされているならば、コマンド info du を使用すると完全なマニュアルを読むことができるはずだ。
GNU coreutils 2016年2月 DU(1)
du(1).txt (日本語 / Japanese)
Index English version of du(1)
Go top