SIMPLE SOLUTIONS

ECVT_R(3) - Linux manual

浮動小数点数の文字列への変換.

2007-07-26
ECVT_R(3) Linux Programmer's Manual ECVT_R(3)

ecvt_r, fcvt_r, qecvt_r, qfcvt_r - 浮動小数点数の文字列への変換

#include <stdlib.h> int ecvt_r(double number, int ndigits, int *decpt, int *sign, char *buf, size_t len); int fcvt_r(double number, int ndigits, int *decpt, int *sign, char *buf, size_t len); int qecvt_r(long double number, int ndigits, int *decpt, int *sign, char *buf, size_t len); int qfcvt_r(long double number, int ndigits, int *decpt, int *sign, char *buf, size_t len); glibc 向けの機能検査マクロの要件 (feature_test_macros(7) 参照): ecvt_r(), fcvt_r(), qecvt_r(), qfcvt_r(): _SVID_SOURCE || _BSD_SOURCE || _XOPEN_SOURCE >= 500

関数 ecvt_r(), fcvt_r(), qecvt_r(), qfcvt_r() は、それぞれ ecvt(3), fcvt(3), qecvt(3), qfcvt(3) と同じであるが、 静的バッファーの代わりに、長さ len の指定された buf に結果を格納する点が異なる。 ecvt(3), qecvt(3) を参照のこと。

これらの関数は成功すると 0 を、それ以外は -1 を返す。

これらの関数は GNU による拡張である。

これらの関数は廃止された。代わりに sprintf(3) の使用を推奨する。

ecvt(3), qecvt(3), sprintf(3)

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。
GNU 2007-07-26 ECVT_R(3)
ecvt_r(3).txt (日本語 / Japanese)
Index English version of ecvt_r(3)
Go top