SIMPLE SOLUTIONS

FORTUNE(6) - Linux manual

おもしろくためになる格言を無作為に表示する.

fortune — おもしろくためになる格言を無作為に表示する

[-aDefilosw] [-m pattern] [[N%] file/dir/all]

fortune を引数なしで実行すると、無作為に選んだ格言を一つ表示します。 格言はいくつかの種類に分類されていて、それぞれの分類はさらに、 耳に痛いものとそうでないものとに分けられています。 オプションを以下に示します: -a 耳に痛いものもそうでないものも、格言をすべて含めた リストから選びます (耳に痛いものについての詳細は -o オプションを参照してください)。 -D 更なるデバッグ出力を有効にします。 本オプションを複数回指定すると、出力が更に冗長になります。 -DDEBUG 付きでコンパイルされている場合のみ、利用可能です。 -e すべての fortune のファイルが同一サイズであることを仮定します (複数ファイルの扱いについての下記の解説を参照してください)。 -f 検索されるファイルの一覧を表示し、格言は表示しません。 -l 長めの格言に限ります。 -m 正規表現 pettern に合致する格言を表示します。 正規表現のパターンの記述方法については regex(3) を参照してください。 -o 耳に痛い格言に限り、 その中から選んで出力します。 ぜ 耳 耳 も 文 ...人類愛について基本的かつ支配的な哲学を心に留めるよう にしよう、これは以下の言葉に簡潔にまとめられている: 心からの笑いは健康のためによい -- 必要とあらば全人類を 犠牲にしたとしても。 --H. Allen Smith, "Rude Jokes" -s 短めの格言に限ります。 -i -m オプションで指定された (正規表現の) パターンについて、 大文字小文字の別を無視します。 -w 終了前に、メッセージの文字数に応じた長さから算出される時間だけ停止します。 ログアウト手順に組み込んだ場合、 スクリーンがクリアされる前に メッセージを読み取る時間を確保するのに役に立ちます。 別の格言集の使用を指定することができます。この指定では、 特定のファイル、1 つ以上のファイルを含むディレクトリ、 もしくは標準データベース全てを使用するという all という特殊語のいずれかを指定可能です。 これらの前にはパーセンテージを付けることが可能です。 パーセンテージは、0 以上 100 以下の数字 N に % を続けたものです。 パーセンテージを指定した場合、ある格言が N パーセントの確率でそのファイルあるいはディレクトリから選択されます。 パーセントの合計が 100 に満たず、パーセント無しの指定がある場合、 残りのパーセントが、パーセント無しのファイルとディレクトリに割当てられます。 この場合、パーセント無しのものが選択される確率は、これらのサイズに依存します。 例として、2 個のデータベース funny と not-funny とを用います。この時 funny が 2 倍の大きさとするならば、 fortune funny not-funny と指示すると 3 回に 2 回の割合で funny から選択されます。 コマンドを fortune 90% funny 10% not-funny のように指定すると 90 % を funny から選び出します (この場合残りが 10% であることが明らかなので “10% not-funny” は不要です)。 -e オプションを指定すると、全てのファイルから均等に選び出します; すなわち fortune -e とするのは fortune 50% funny 50% not-funny と指定するのと同等です。

/usr/games/fortune /usr/share/games/fortune/* fortune のデータベース (名前が “-o” で終るファイルには、 耳

regcomp(3), regex(3), strfile(8)
fortune(6).txt (日本語 / Japanese)
Index English version of fortune(6)
Go top