SIMPLE SOLUTIONS

GAMMA(3) - Linux manual

ガンマ関数 (の自然対数).

2008-08-05
GAMMA(3) Linux Programmer's Manual GAMMA(3)

gamma, gammaf, gammal - ガンマ関数 (の自然対数)

#include <math.h> double gamma(double x); float gammaf(float x); long double gammal(long double x); -lm でリンクする。 glibc 向けの機能検査マクロの要件 (feature_test_macros(7) 参照): gamma(): _BSD_SOURCE || _SVID_SOURCE || _XOPEN_SOURCE gammaf(), gammal(): _BSD_SOURCE || _SVID_SOURCE || _XOPEN_SOURCE >= 600

これらの関数は非推奨である。その代わり、場面に応じて tgamma(3)lgamma(3) を使うこと。 ガンマ関数の定義については、 tgamma(3) を参照のこと。 *BSD版 4.4BSD の libm と FreeBSD のいくつかのバージョンには、関数 gamma() が含まれており、期待通りガンマ関数を計算できる。 glibc版 Glibcは、関数 gamma() を含んでいるが、これは lgamma(3) と等価であり、ガンマ関数の自然対数を計算する。

lgamma(3) を参照。

lgamma(3) を参照。

システムによって振舞いが異なるという歴史的な経緯のため、 この関数はどの標準規格でも規定されていない。

歴 4.2BSDにおいては、関数 gamma() が実際に計算するのは ln(|Gamma(|x|)|) であり、 Gamma(|x|) の符号が extern int signgam に格納されていた。 4.3BSDになって関数名が変更され、 lgamma(3) となり、そのマニュアルページでは "「いつの日か gamma の名は復活し、ガンマ関数に冠されるであろう」" という誓いが述べられていた。 これは4.4BSDになって実現され、 gamma() はまさにガンマ関数を計算するようになった。 (もう signgam には作用しない。) ところが、これが登場する時期が遅すぎたため、 tgamma(3) という「本当のガンマ関数」がすでに存在しているのである。

lgamma(3), signgam(3), tgamma(3)

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。
GNU 2008-08-05 GAMMA(3)
gamma(3).txt (日本語 / Japanese)
Index English version of gamma(3)
Go top