SIMPLE SOLUTIONS

GETGRENT_R(3) - Linux manual

グループファイルエントリーをリエントラント (reentrant) に取り出す.

2015-01-22
GETGRENT_R(3) Linux Programmer's Manual GETGRENT_R(3)

getgrent_r, fgetgrent_r - グループファイルエントリーをリエントラント (reentrant) に取り出す

#include <grp.h> int getgrent_r(struct group *gbuf, char *buf, size_t buflen, struct group **gbufp); int fgetgrent_r(FILE *stream, struct group *gbuf, char *buf, size_t buflen, struct group **gbufp); glibc 向けの機能検査マクロの要件 (feature_test_macros(7) 参照): getgrent_r(): _GNU_SOURCE fgetgrent_r(): _SVID_SOURCE

関数 getgrent_r() と fgetgrent_r() は getgrent(3)fgetgrent(3) のリエントラント版である。 前者は、 setgrent(3) によって初期化されたストリームから、次のグループファイルのエントリーを読み込む。 後者は、 stream から次のグループファイルのエントリーを読み込む。 group 構造体は <grp.h> で以下のように定義されている: struct group { char *gr_name; /* グループ名 */ char *gr_passwd; /* グループのパスワード */ gid_t gr_gid; /* グループ ID */ char **gr_mem; /* グループのメンバ名へのポインター の配列 (配列はヌルで終端する) */ }; この構造体のフィールドの詳細は group(5) を参照のこと。 リエントラントでない関数は静的な格納領域へのポインターを返す。 この静的な格納領域には、更にグループ名・パスワード・ メンバへのポインターが含まれる。 ここで説明されているリエントラントな関数は、 呼び出し側から提供されるバッファーにグループ名など全てを返す。 最初の引き数として struct group を保持できるバッファー gbuf がある。 次にその他の文字列を保持できるサイズ buflen のバッファー buf がある。 これらの関数の結果 (ストリームから読み込まれた struct group) は、 提供されたバッファー *gbuf に格納され、この struct group へのポインターは *gbufp に返される。

成功した場合、これらの関数は 0 を返し、 *gbufp は struct group へのポインターとなる。 エラーの場合、これらの関数はエラー値を返し、 *gbufp は NULL になる。

ENOENT 次のエントリーがない。 ERANGE 十分なバッファー空間が与えられていない。 もっと大きなバッファーで再度実行すること。

これらの関数は GNU 拡張であり、POSIX 版の関数 getpwnam_r(3) の形式に似せてある。 他のシステムでは以下のプロトタイプが使われている。 struct group *getgrent_r(struct group *grp, char *buf, int buflen); より良いものでは、以下のようになっている。 int getgrent_r(struct group *grp, char *buf, int buflen, FILE **gr_fp);

関数 getgrent_r() は本当のリエントラントではない。 なぜなら、ストリームの読み込み位置を 他の全てのスレッドと共有しているためである。

#define _GNU_SOURCE #include <grp.h> #include <stdio.h> #include <stdlib.h> #define BUFLEN 4096 int main(void) { struct group grp, *grpp; char buf[BUFLEN]; int i; setgrent(); while (1) { i = getgrent_r(&grp, buf, BUFLEN, &grpp); if (i) break; printf("%s (%d):", grpp->gr_name, grpp->gr_gid); for (i = 0; ; i++) { if (grpp->gr_mem[i] == NULL) break; printf(" %s", grpp->gr_mem[i]); } printf("\n"); } endgrent(); exit(EXIT_SUCCESS); }

fgetgrent(3), getgrent(3), getgrgid(3), getgrnam(3), putgrent(3), group(5)

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。
GNU 2015-01-22 GETGRENT_R(3)
getgrent_r(3).txt (日本語 / Japanese)
Index English version of getgrent_r(3)
Go top