SIMPLE SOLUTIONS

GETTTYENT(3) - Linux manual

Ttys ファイルのエントリーを取得する.

2013-07-22
GETTTYENT(3) Linux Programmer's Manual GETTTYENT(3)

getttyent, getttynam, setttyent, endttyent - ttys ファイルのエントリーを取得する

#include <ttyent.h> struct ttyent *getttyent(void); struct ttyent *getttynam(const char *name); int setttyent(void); int endttyent(void);

これらの関数はファイル _PATH_TTYS (例えば /etc/ttys) へのインターフェースを提供する。 関数 setttyent() はファイルをオープンする。 また既にオープンされている場合は、巻き戻す。 関数 endttyent() はファイルをクローズする。 関数 getttynam() は指定された端末名についてファイルを検索する。 この関数は (以下で説明されている) ttyent 構造体へのポインターを返す。 関数 getttyent() は (もし必要であれば) ファイル _PATH_TTYS をオープンし、最初のエントリーを返す。 ファイルが既にオープンされている場合は、次のエントリーを返す。 ttyent 構造体は以下の通りである。 struct ttyent { char *ty_name; /* 端末デバイス名 */ char *ty_getty; /* 実行するコマンド。通常は getty */ char *ty_type; /* termcap のための端末タイプ */ int ty_status; /* 状態フラグ */ char *ty_window; /* ウィンドウマネージャを起動するコマンド */ char *ty_comment; /* コメントフィールド */ }; ty_status は以下のいずれか値をとることができる。 #define TTY_ON 0x01 /* ログインを有効にする (ty_getty プログラムを開始する) */ #define TTY_SECURE 0x02 /* ユーザー ID 0 でのログインを許可する */

マ 関数 getttyent() は静的変数へのポインターを返す。そのため、スレッドセーフではない。 関数 setttyent() と endttyent() は静的変数を使用する。そのため、スレッドセーフではない。 関数 getttynam() はスレッドセーフではない関数 getttyent() を呼び出す。そのため、スレッドセーフではない。

POSIX.1-2001 にはない。 BSD 系に存在し、おそらく他のシステムにもあるだろう。

Linux では、ファイル /etc/ttys と上で説明した関数は使われていない。

ttyname(3), ttyslot(3)

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。
GNU 2013-07-22 GETTTYENT(3)
getttyent(3).txt (日本語 / Japanese)
Index English version of getttyent(3)
Go top