SIMPLE SOLUTIONS

GFDUMP.POSTGRESQL(8) - Linux manual

Gfarmメタデータのダンプ/リストア.

30 Jan 2015
GFDUMP.POSTGRESQL(8) Gfarm GFDUMP.POSTGRESQL(8)

NAME

gfdump.postgresql - Gfarmメタデータのダンプ/リストア

SYNOPSIS

gfdump.postgresql -d [オプション] gfdump.postgresql -r [オプション]

DESCRIPTION

gfdump.postgresqlは、 バックエンドDBとして動作しているPostgreSQLにより管理された、 Gfarmのメタデータをダンプ、またはリストアすることができます。 このコマンドを実行する場合は、 バックエンドDBであるPostgreSQLが起動しているホスト上でなければいけません。 このコマンドは、実行時にバックエンドDBのアクセス情報を取得するため、 gfmdの設定ファイル gfmd.confを読み込みます。 gfmdがプライベートモードではない状態で 設定された場合、このファイルを読み込むためには、ルート権限が必要となります。 gfdump.postgresqlが -dオプション付きで実行された際は、 カレントディレクトリにdb.outファイルを作成し、 データベースをそのファイルにダンプします。 gfdump.postgresqlが -rオプション付きで実行された際は、 カレントディレクトリに置かれたdb.outから データベースをリストアします。 さらに具体的な説明を下記に示します。 1. gfmdが起動している場合は停止します。 2. データベースを削除します。 3. データベースを作成します。 4. ダンプファイルからデータベースをリストアします。 5. gfmdのジャーナルファイルが存在している 場合は、そのファイルを削除します。 6. gfmdを起動します。

OPTIONS

--prefix パス このオプションを付与した場合、 gfdump.postgresqlは、 gfmdの設定ファイル PREFIX/etc/gfmd.confを読み込みます。 デフォルトでは、%%SYSCONFDIR%%/etc/gfmd.conf が読み込まれます。 -P インストール先のディレクトリ バックエンドDBに対するインストール先のディレクトリ (例えば、/usr/local)を指定することができます。 gfdump.postgresqlが pg_dumpといったPostgreSQLコマンドを 実行する際は、指定したディレクトリの下にこのコマンドが インストールされていることを前提としています。 このオプションを省略した場合、 gfdump.postgresqlは、 環境変数PATHのリストからそのコマンドへのディレクトリ を探し出します。 -l バックエンドDBがGfarmのメタデータを記録したファイルを置く ディレクトリへのパスを指定することができます。 バックエンドDBがPostgreSQLである場合、 そのディレクトリは一般にPGDATAと呼ばれています。 デフォルトでは、 PREFIX/var/gfarm-pgsqlが設定されており、 このPREFIXは--prefixオプションで与えられた値となります。 -f ダンプファイル ダンプファイルの名前を指定することができます。 デフォルトでは、カレントディレクトリパスに ファイル名db.outを加えた値が設定されます。 --help このコマンドの使用法を表示して、終了します。 -t このオプションを付与した場合、 人間が読みやすい形式で全ての設定パラメータの値を表示した後、 すぐに終了します。 -d このオプションを付与した場合、 ダンプモードで起動します。 -n このオプションを付与した場合、 gfmdを起動/停止しません。 -r このオプションを付与した場合、 リストアモードで起動します。

FILES

%%SYSCONFDIR%%/gfmd.conf gfmdが参照する設定ファイル

SEE ALSO

pg_dump(1), dropdb(1), createdb(1), psql(1), gfmd(8)
Gfarm 30 Jan 2015 GFDUMP.POSTGRESQL(8)
gfdump.postgresql(8).txt (日本語 / Japanese)
Index English version of gfdump.postgresql(8)
Go top