SIMPLE SOLUTIONS

GROFF_MAN(7) - Linux manual

マニュアルページ生成サポート用 groff `man' マクロ.

6 August 2001
GROFF_MAN(7) Miscellaneous Information Manual GROFF_MAN(7)

groff_man - マニュアルページ生成サポート用 groff `man' マクロ

groff -man [ options... ] [ files... ] groff -m man [ options... ] [ files... ]

groff でマニュアルページを生成するのに使用される man マクロは、James Clark が書きました。 このドキュメントは、パッケージ中の各マクロの使い方を、短くまとめたものです。

man マクロは、次のようなコマンドラインオプションを理解します (レジスタをいくつか定義します)。 -rcR=1 本オプション (nroff モードではデフォルト) は、 複数ページの代りに、長い単一ページを出力します。 無効にするには、 -rcR=0 としてください。 -rC1 コマンドラインに複数のマニュアルページを与えた場合、 それぞれのページ番号が 1 から始まるのではなく、連続した番号に なります。 -rD1 両面印字にします。 偶数ページと奇数ページのフッタは、異なった整形が成されます。 -rPnnn ページの数え始めを 1 ではなく nnn からにします。 -rSxx ベースドキュメントフォントサイズを 10 ポイントではなく xx ポイントにします (xx には 10, 11, 12 のいずれかが使用できます)。 -rXnnn ページ nnn の後のページを nnna, nnnb, nnnc などというように数えます。例えば、`-rX2' というオプションの場合、 ページを 1, 2, 2a, 2b, 2c というように割り振ります。

使

このセクションは、マニュアルページ用に使用可能なマクロについて 述べています。さらにカスタマイズしたい場合は、 man.local ファイル中に追加のマクロおよびリクエストを置いてください。 このファイルは man の直後にロードされます。 .TH title section [extra1] [extra2] [extra3] このマニュアルページのタイトルを title に、セクションを section に設定します。セクションは、 1 から 8 までの値をとらなくてはなりません。 section 値には、後ろに文字列を置くこともできます。例えば、 `.pm' とすると、マニュアルページの特定のサブセクションを 示します。 title と section は、ともにヘッダ行の左端と右端に置かれます (括弧でくくられた section が title の直後に付きます)。 extra1 は、フッタ行の中央に置かれます。 extra2 は、フッタ行の左に置かれます (両面印字がアクティブになっている場合、偶数ページには 左に、奇数ページには右に、置かれます)。 extra3 はヘッダ行の中央に置かれます。 HTML 出力用には、ヘッダおよびフッタは完全に取り除かれます。 さらに、このマクロは改ページします。新しい行番号は、再度 1 に なります (コマンドラインで `-rC1' オプションが指定されている場合を 除きます)。この機能は、複数のマニュアルページを整形する 場合のためだけにあります。マニュアルページが 1 つの場合、 TH は、ファイルの先頭において、まさに 1 つだけ存在すべきです。 .SH [text for a heading] 番号づけをしないセクション用の見出しを設定します。 これは左詰めになります。 SH に続いたテキスト ( SH に引数がない場合は次の行のテキスト) は、行末までのものがすべてボールド体で、 そしてベースドキュメントサイズよりも 1 だけ大きなフォントサイズで 表示されます 。 さらに、テキストの左側の余白はデフォルト値に戻されます。 .SS [text for a heading] 番号づけしないセクションの 2 番目の見出しを設定します。 SS に続いたテキスト ( SS に引数がない場合は次の行のテキスト) は、行末までのものがすべてボールド体で、 そしてベースドキュメントサイズと同じ大きさのフォントで表示されます。 さらに、テキストの左側の余白はデフォルト値に戻されます。 .TP [nnn] インデントされた、ラベルつきの段落を設定します。 インデント幅は、引数が与えられていれば nnn に設定されます (省略されていれば、デフォルトの単位は `n' です)。引数が与えられていなければ、インデント幅は デフォルト値に設定されます。 このマクロの後に続いたテキストの 1 行目は、 左詰めに表示する文字列として解釈され、 ラベルとして使用するのに適切なものとなります。 これは段落の一部であるとは解釈はされませんので、 引き続く入力行のテキストで 1 行目を満たそうとはしません。 それでも、ラベルがインデント幅ほど広がっていない場合には、 同じ行から段落が始まり (ただし、インデントはされます)、次の 行へと続いていきます。 ラベルがインデント幅よりも広い場合は、段落の説明部分は ラベルの次の行から始まり、すべてインデントされます。 ラベルのフォントの形もサイズもデフォルト値には設定されない ことに注意してください。これに対して、残りのテキストは デフォルトのフォント設定になります。 TP マクロは、あなたが今ちょうど読んでいるこの解説に使用されている マクロです。 .LP .PP .P これらのマクロは、共通の別名です。 これらのうちのどれを使用しても現在の位置で行を打ち切ります。 そして、その後に PD マクロで指定した量だけ垂直方向にスペースを置きます。 フォントのサイズおよび形はデフォルト値に戻されます (10pt ローマン体)。 最後に、現在の左側の余白の量を復元します。 .IP [designator] [nnn] インデントされた段落を設定します。その際、 designator を段落の始まりに印をつけるためのタグとして使用します。 インデント幅は、引数が与えられている場合は nnn に設定されます (デフォルトの単位は `n' です)。 引数が与えられていない場合は、デフォルトのインデント幅が 使用されます。 この段落 (ただし、指示子 (designator) を含まず) の フォントサイズおよびフェースはデフォルト値に戻されます。 特定のインデントをするが指示子をつけない段落を開始するには、 第 2 引数に `""' (ダブルクォート 2 つ) を使用してください。 例えば次の段落は、`.IP \(bu 4' を用いて、すべて 指示子として中点をつけて設定されます: · IP は、リストを整形するために man で使用される 3 つのマクロのうちの 1 つです。 · HP は、また別のマクロです。 このマクロは、左側にぶら下げインデントされた段落を生成します。 · TP は、また別のマクロです。 このマクロは、インデントされないラベルを生成し、その後に インデントされた段落が続きます。 .HP [nnn] 左側にぶら下げインデントされた段落を設定します。 引数が与えられている場合、インデント幅は nnn に設定されます (デフォルトの単位は `n' です)。 引数が与えられていない場合、デフォルトのインデント幅が 使用されます。 フォントサイズおよびフェースはデフォルト値に戻されます。 次の段落は、インデント幅を 4 に設定されているときの このマクロの効果を示したものです: この段落は、 HP マクロを実行したあとの段落です。 見ての通り、このマクロは、最初の行を除いた行すべてが インデントされた段落を生成しています。 .RS [nnn] このマクロは、値が与えられていれば (デフォルト単位は `n' です) その値だけ左側の余白を右に移動します。 値が与えられていなければ、デフォルトのインデント幅が 使用されます。 RS マクロの呼び出しは入れ子にできます。 .RE [nnn] このマクロは、左側の余白を nnn レベルまで戻します。引数が与えられていなければ、 このマクロはレベルを 1 つだけ戻します。 第 1 レベル (すなわち、まだ RS を呼び出していない) は番号 1 を持っており、 RS マクロを呼び出すごとにレベルが 1 ずつ増加します。 まとめると、次のマクロは、垂直方向にスペースを入れた 行の折り返しを行います (スペースの量は PD マクロを使用すると変更できます): SH, SS, TP, LP (PP, P), IP, HP 。 マクロ RS および RE も行を折り返しますが、垂直方向にスペースを入れません。

標準フォントはローマン体です。そして、デフォルトのテキストサイズは 10 ポイントです。 .SM [text] 同じ行にあるテキストあるいは次の行にあるテキストが、 デフォルトのフォントよりも 1 ポイントだけ小さいフォントで 表示されるようになります。 .SB [text] 同じ行にあるテキストあるいは次の行にあるテキストが、 ボールド体のフォントで、そしてデフォルトのフォントよりも 1 ポイントだけ小さいフォントで表示されるようになります。 .BI text 同じ行にあるテキストが、ボールド体とイタリック体を 交互に使って表示されるようになります。 テキストはマクロ呼び出しと同じ行にあることが必要です。 したがって、 .BI this "word and" that という行は、`this' と `that' がボールド体で表示され、 それに対して `word and' の部分はイタリック体で 表示されます。 .IB text テキストが、イタリック体とボールド体を交互に使って 表示されるようになります。テキストはマクロ呼び出しと 同じ行にあることが必要です。 .RI text マクロ呼び出しと同じ行にあるテキストが、ローマン体と イタリック体を交互に使って表示されるようになります。 テキストは、マクロ呼び出しと同じ行にあることが必要です。 .IR text マクロ呼び出しと同じ行にあるテキストが、イタリック体と ローマン体を交互に使って表示されるようになります。 テキストは、マクロ呼び出しと同じ行にあることが必要です。 .BR text マクロ呼び出しと同じ行にあるテキストが、ボールド体と ローマン体を交互に使って表示されるようになります。 テキストは、マクロ呼び出しと同じ行にあることが必要です。 .RB text マクロ呼び出しと同じ行にあるテキストが、ローマン体と ボールド体を交互に使って表示されるようになります。 テキストは、マクロ呼び出しと同じ行にあることが必要です。 .R [text] text がローマン体フォントで表示されるようになります。 マクロが呼び出された行にテキストがない場合は、次の行の テキストがローマン体で表示されます。 これが、他のマクロを処理し終わったときに返されるテキストの デフォルトのフォントです。 .B [text] text がボールド体で表示されるようになります。 マクロが呼び出された行にテキストがない場合は、次の行の テキストがボールド体で表示されます。 .I [text] text がイタリック体で表示されるようになります。 マクロが呼び出された行にテキストがない場合は、次の行の テキストがイタリック体で表示されます。

grohtml を除いた出力デバイス用のインデント幅はすべて 7.2n です。 grohtml の場合はインデントを無視します。 .DT 0.5 インチごとにタブを設定します。 このマクロは常に TH リクエスト中で呼ばれるため、タブ位置が変更された場合に限って 呼び出すことには意味があります。 .PD [nnn] 新しい段落 (セクション) の前のスペースを調整します。 オプションの引数は、スペースの量を与えます (デフォルトの単位は `v')。 パラメータ無しの場合、この値はデフォルト値に戻されます (tty デバイスでは 1 行で、それ以外では 0.4v)。 このリクエストは、 SH, SS, TP, LP (それぞれ PP および P), IP, HP マクロに影響を与えます。 次の文字列が定義されています: \*S デフォルトのフォントサイズに戻します。 \*R 「登録」マークです。 \*(Tm 「商標」マークです。 \*(lq \*(rq 左および右クォートです。 これは、それぞれ `\(lq' と `\(rq' と同じです。 tbl あるいは eqn のようなプリプロセッサが必要な場合、マニュアルページの 1 行目を次のように見えるようにする例になります: .\" word ダブルクォートの後には空白文字 1 つが入ることに注意してください。 word は、必要なプリプロセッサを表す文字で成り立っています。 `e' は eqn を表し、 `r' は refer を、そして `t' は tbl を表します。 最近の man プログラムの実装では、この 1 行目を読んで自動的に正しい プリプロセッサを呼び出します。

man.tmac an.tmac これらは、 andoc.tmac を呼び出すラッパファイルです。 andoc.tmac このファイルは、 man マクロまたは mdoc パッケージのいずれを使用すべきかを判定します。 an-old.tmac 全 man マクロが、このファイルに含まれます。 man.local ローカルの修正とカスタマイズは、このファイルに入れます。

man マクロは、 groff リクエストの集まりでできていますので、原理的には、 必要がある場合には自己流の groff リクエストを作って man の機能を追加することができます。 これらのリクエストの完全なリストは WWW ページ http://www.cs.pdx.edu/~trent/gnu/groff/groff_toc.html から入手できます。 tbl(1), eqn(1), refer(1), man(1)

このマニュアルページは、本来 Debian GNU/Linux システム用に Susan G. Kleinmann <@debian.org> が書いたものです。 それを Werner Lemberg <@gnu.org> が修正し、更新しました。 それが今では GNU troff 配布物の一部になっています。
Groff Version 1.17.2 6 August 2001 GROFF_MAN(7)
groff_man(7).txt (日本語 / Japanese)
Index English version of groff_man(7)
Go top