SIMPLE SOLUTIONS

GROTTY(1) - Linux manual

タイプライタ型デバイスのための groff ドライバ.

6 August 2001
GROTTY(1) General Commands Manual GROTTY(1)

grotty - タイプライタ型デバイスのための groff ドライバ

grotty [ -hfbuodBUv ] [ -Fdir ] [ files... ] -F オプションとパラメータの間に空白を含めることが可能です。

grotty は、GNU troff の出力をタイプライタ型デバイスのために変換します。通常 grotty は、ASCII ベースのシステム上では groff に -Tascii, -Tkoi8-r, -Tlatin1, -Tutf8 のいずれかのオプションを指定することにより、EBCDIC ベースのシステム上では -Tcp1047 オプションを指定することによりそれぞれ起動されます。 ファイル名を指定しない場合は標準入力を読み込みます。 ファイル名として - を指定した場合も標準入力を読み込みます。 出力は標準出力に書き出されます。 通常 grotty は、ボールド文字 c を `c BACKSPACE c' というシーケンスで、 イタリック文字 c を `_ BACKSPACE c' というシーケンスで出力します。 これらのシーケンスは、 ul(1) を通すことにより、端末で表示することができるようになります。 more(1)less(1) のようなページャも、これらのシーケンスを表示することができます。 less(1) を使って表示する場合は -B または -U オプションを、 more(1) を使って表示する場合は -b オプションを使用してください。 grotty は逆改行を出力しないので、 col(1) を通す必要はありません。 フォント記述ファイルには、以下のコマンドを含めることができます。 internalname n ここで、 n は 10 進数の整数です。もし n の 01 ビットがセットされているなら、そのフォントは イタリックフォントとして扱われます。 02 ビットがセットされているなら、ボールドフォントとして扱われます。 フォント記述のコードフィールドは、出力時に用いられる文字を指定します。 このコードは、 troff の \N エスケープシーケンスでも使用されます。

-Fdir フォントとデバイス記述ファイルの検索パスの前に、ディレクトリ dir/devname を追加します。 name はデバイス名で、通常は ascii, koi8-r, latin1, utf8, cp1047 のいずれかです。 -h 出力に水平タブを使用します。水平タブは 8 桁ごとに設定されているものとします。 -f フォームフィードを使用します。 最終行に出力するものがないページの最後にフォームフィードが出力されます。 -b ボールド文字を出力するのに二重打ちを使わないようにします。 -u イタリック文字を出力するのにアンダーラインを使用しないようにします。 -B ボールドイタリック文字をただの二重打ちで出力します。 -U ボールドイタリック文字をただのアンダーラインで出力します。 -o ボールドとアンダーライン以外に二重打ちを用いないようにします。 -d すべての \D コマンドを無視します。このオプションを指定しないと、 grotty は \D'l...' コマンドのうち引数のどちらかが 0 (すなわち水平あるいは垂直線の描画) であるものを、文字 -, |, + を用いて描画します。 -v バージョン番号を表示します。

/usr/share/groff_font/devascii/DESC ascii デバイス記述ファイル /usr/share/groff_font/devascii/F ascii デバイスにおけるフォント F 用のフォント記述ファイル /usr/share/groff_font/devkoi8-r/DESC koi8-r デバイス記述ファイル /usr/share/groff_font/devkoi8-r/F koi8-r デバイスにおけるフォント F 用のフォント記述ファイル /usr/share/groff_font/devlatin1/DESC latin1 デバイス記述ファイル /usr/share/groff_font/devlatin1/F latin1 デバイスにおけるフォント F 用のフォント記述ファイル /usr/share/groff_font/devutf8/DESC utf8 デバイス記述ファイル /usr/share/groff_font/devutf8/F utf8 デバイスにおけるフォント F 用のフォント記述ファイル /usr/share/groff_font/devcp1047/DESC cp1047 デバイス記述ファイル /usr/share/groff_font/devcp1047/F cp1047 デバイスにおけるフォント F 用のフォント記述ファイル /usr/share/tmac/tty.tmac grotty で用いるマクロ /usr/share/tmac/tty-char.tmac そのままでは grotty に表示できない文字の表示方法の定義 EBCDIC ホストでは、 cp1047 デバイス用のファイルのみがインストールされることに注意してください。

grotty は、単純なドキュメントの作成を意図して作られています。 水平や鉛直方向への小さな移動 (半改行など、1文字、1行より小さな位置決め) を サポートしていません。 水平線、鉛直線以外の \D コマンドはサポートされていません。 1 行目よりも上に位置する文字(すなわち垂直方向の座標が 0 である文字)は 出力されません。

groff(1), troff(1), groff_out(5), groff_font(5), groff_char(7), ul(1), more(1), less(1)
Groff Version 1.17.2 6 August 2001 GROTTY(1)
grotty(1).txt (日本語 / Japanese)
Index English version of grotty(1)
Go top