pragmatism first

HINSI_DATA(5) - Linux manual

28 January 1992
HINSI.DATA(5) File Formats Manual HINSI.DATA(5)

hinsi.data 品詞管理ファイル(hinsifile)

/usr/local/lib/wnn/ja_JP/hinsi.data

このファイルは、幹語品詞に関する情報を管理するためのものです。 幹語品詞に関する情報は、全ての辞書と接続情報ファイルの間で共通でないと いけないので、このファイルを勝手にエディットすることは許されません。 (もし、勝手に変更すると、古い品詞管理ファイルを使用して作成した辞書、 及び接続情報ファイルの品詞番号の意味が、異なったものになってしまいます) このファイルに定義されている順番に、品詞、複合品詞に番号が割り当てられ、 その番号は、辞書、品詞ファイルを作る時、及びサーバ、クライアントで番号 から品詞名を引くため、及び、複合品詞に対しそれを構成する品詞の集合を引 くために用いられます。 この割り当てられる番号は 0 からの昇順になっています。 このファイルに対して許される操作は、新しい品詞及び複合品詞をファイルの 最後に付け加えることと、”@”のみからなる行を品詞、複合品詞の定義に置き 換えることだけです。エントリの削除は決してしないで下さい。 ”@”は、そこの品詞名は定めないが、取り敢えず領域を取っておくことを意味 します。 このファイルの各行の品詞のフォーマット 品詞 複合品詞/品詞:品詞:...:品詞 という形式をしています。ただし、複合品詞の定義で現れる品詞は、 それより前に品詞として定義されていなくてはなりません。また、 同じ名前を持つ品詞、或いは複合品詞が存在していてはいけません。 ”;”に出合うと、行末までコメントとして無視されます。 (例) 先頭 ;文節先頭 名詞 ;これは、名詞が 8番であることを意味しています。 一段 一段名/一段:名詞 ;これは複合品詞 @ @ このファイルに関する情報(品詞番号から品詞名を引く、あるいは、複合品詞に 対しその構成要素を引く)は、ライブラリによって提供されますので、クライア ントプロセスから参照できます。
28 January 1992 HINSI.DATA(5)
hinsi_data(5).txt (日本語 / Japanese)
Index
Go top