SIMPLE SOLUTIONS

INET_NTOP(3) - Linux manual

IPv4/IPv6 アドレスをバイナリ形式からテキスト形式に変換する.

2008-11-11
INET_NTOP(3) Linux Programmer's Manual INET_NTOP(3)

inet_ntop - IPv4/IPv6 アドレスをバイナリ形式からテキスト形式に変換する

#include <arpa/inet.h> const char *inet_ntop(int af, const void *src, char *dst, socklen_t size);

この関数は、 af アドレスファミリーのネットワークアドレス構造体 src を文字列に変換する。 変換結果の文字列は、 dst が指すバッファーにコピーされる。 dst は NULL でないポインターでなければならない。 呼び出し時に、このバッファーで利用できるバイト数を 引き数 size に指定する。 inet_ntop() は inet_ntoa(3) 関数を拡張して複数のアドレスファミリーを扱えるようにしたものである。 今後は inet_ntoa(3) は使わず、 inet_ntop() を使うようにすると良いだろう。 現在サポートされているアドレスファミリーは以下の通り: AF_INET この場合 src は (ネットワークバイトオーダーの) struct in_addr へのポインターとみなされ、この構造体の内容が ドット区切りの 10 進数形式 "ddd.ddd.ddd.ddd" の IPv4 ネットワークアドレスに変換される。 バッファー dst は少なくとも INET_ADDRSTRLEN バイトの長さを持たなければならない。 AF_INET6 この場合 src は (ネットワークバイトオーダーの) struct in6_addr へのポインターとみなされ、この構造体の内容が、 (このアドレスに対してもっとも適切な) IPv6 ネットワークアドレスの表示形式に変換される。 バッファー dst は少なくとも INET6_ADDRSTRLEN バイトの長さを持たなければならない。

成功すると、 inet_ntop() は dst への (NULL でない) ポインターを返す。 エラーがあった場合は NULL を返し、 errno をエラーを示す値に適切に設定する。

EAFNOSUPPORT af がサポートされているアドレスファミリーでなかった。 ENOSPC 変換されたアドレス文字列の長さが size で指定されたサイズを超過してしまう。

POSIX.1-2001. RFC 2553 では最後の引き数 size のプロトタイプを size_t 型と定義している。多くのシステムでは RFC 2553 にしたがっている。 glibc 2.0 と 2.1 では size_t だが、 glibc 2.2 以降では socklen_t となっている。

AF_INET6 は IPv4 がマップされた IPv6 アドレスを IPv6 形式に変換してしまう。

inet_pton(3) を参照。

getnameinfo(3), inet(3), inet_pton(3)

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。
Linux 2008-11-11 INET_NTOP(3)
inet_ntop(3).txt (日本語 / Japanese)
Index English version of inet_ntop(3)
Go top