SIMPLE SOLUTIONS

PPPOE.CONF(5) - Linux manual

Adsl-start(8), adsl-stop(8), adsl-status(8), adsl-connect(8) で使われる設定ファイル.

21 February 2000
PPPOE.CONF(5) File Formats Manual PPPOE.CONF(5)

pppoe.conf - adsl-start(8), adsl-stop(8), adsl-status(8), adsl-connect(8) で使われる設定ファイル

/etc/ppp/pppoe.conf は Roaring Penguin の ADSL スクリプトの 設定情報が書かれたシェルスクリプトである。 pppoe.conf は adsl-* というシェルスクリプトのみで使用され、 pppoe 自体には使用されない点に注意すること。 pppoe.conf にはシェル変数の指定が書かれる。 変数とその意味は以下の通りである: ETH ADSL モデムに接続されているイーサーネットインターフェース (例えば eth0)。 USER ADSL ユーザー ID (例えば @sympatico.ca)。 SERVICENAME 空でなければ、pppoe の -S オプションに渡される。 使用したいサービスの名前を指定する。 通常は空にしておくべきである。 ACNAME 空でなければ、pppoe の -C オプションに渡される。 接続するアクセス集信装置の名前を指定する。 通常は空にしておくべきである。 DEMAND 数値を設定すると、 要求があった時点で接続を開き、DEMAND 秒後に接続を閉じる。 no に設定すると、要求ごとに接続を行うのではなく、 常に接続したままにする。 DNSTYPE NOCHANGE, SPECIFY, SERVER のいずれか 1 つである。 NOCHANGE に設定すると adsl-con‐ nect は DNS 設定を全く変更しない。 SPECIFY に設定すると /etc/resolv.conf を DNS1 と DNS2 の値に書き換える。 SERVER に設定すると usepeerdns オプションをつけて pppd を実行し、 /etc/resolv.conf から /etc/ppp/resolv.conf へのシンボリックリンクを作成する。 DNS1, DNS2 DNSTYPE=SPECIFY を使った場合の DNS サーバーの IP アドレス。 NONROOT NONROOT=OK (厳密にこの通りで、空白やコメントがあってはならない) という行が設定ファイルにあると、 root 以外のユーザーが pppoe-wrapper を使って 接続を開いたり閉じたりするのが可能になる。 ラッパープログラムは rp-pppoe-gui パッケージを インストールした場合にのみインストールされる。 USEPEERDNS "yes" に設定すると、adsl-connect は usepeerdns オプションをつけて pppd を実行する。 こうすると、接続先 (peer) から DNS サーバーのアドレスを取得し、 新しい /etc/resolv.conf ファイルを作成する。 それ以外の場合、adsl-connect はこのオプションをつけずに pppd を実行するので、pppd は /etc/resolv.conf を修正しない。 CONNECT_POLL adsl-start が新しい PPP インターフェースの起動を チェックする時間間隔 (秒数)。 0 に設定すると、adsl-start は単に PPP セッションを初期化するだけで、 起動に成功したかを確認するために待たない。 CONNECT_TIMEOUT adsl-connect が新しい PPP インターフェースの起動に失敗して セッションを終了させるまでに待つ時間 (秒数)。 PING adsl-start が PPP インターフェースの起動を待つ間に、 CONNECT_POLL 秒毎に表示 (echo) する文字。 FORCEPING adsl-start が PPP インターフェースの起動を待つ間に、 CONNECT_POLL 秒毎に表示 (echo) する文字。 PING と似ているが、adsl-start の標準出力が 端末 (tty) でなくても表示される。 PIDFILE adsl-connect のプロセス ID が書かれるファイル (例えば /var/run/pppoe.pid)。 さらに 2 つのファイル ($PIDFILE.pppd と $PIDFILE.pppoe) には、 それぞれ pppd と pppoe のプロセス ID が入る。 SYNCHRONOUS 同期 PPP を使うかどうか (yes または no)。 同期 PPP は n_hdlc ライン制御機能 (disci‐ pline) を備えた Linux マシンでは安全である。 (モジュールディレクトリに "n_hdlc.o" というファイルがあれば、 ライン制御機能を備えている)。 他の (OS の) マシンや n_hdlc ライン制御機能を備えていない Linux マシンでは、 ユーザーモードクライアントで不明または解決できない競合条件があるので、 同期 PPP は推奨されない。 CLAMPMSS TCP セッションの advertised MSS を「固定 (clamp)」 する値。 デフォルトの 1412 が良い。 LCP_INTERVAL pppd が LCP echo リクエストパケットを送る時間間隔 (秒数)。 LCP_FAILURE ここで指定された回数だけ LCP echo リクエストに返答がないと、 pppd は接続が切れていると判断する。 PPPOE_TIMEOUT pppoe が活動も観察しないままこの秒数が経過すると、 pppoe は終了する。 FIREWALL NONE, STANDALONE, MASQUERADE のうちのいずれか 1 つ。 NONE の場合、adsl-connect はファイアウォールルールを何も追加しない。 STANDALONE の場合、既存のファイアウォールルールを消去して スタンドアロンマシン用の基本的なルールを設定する。 MASQUERADE の場合、既存のファイアウォールルールを消去して インターネットゲートウェイ用の基本的なルールを設定する。 マシン上でサービスを実行している場合、 簡単なファイアウォールスクリプトでは不十分である。 独自のファイアウォールルールを作り、FIREWALL を NONE に設定する必要がある。 PPPOE_EXTRA pppoe に渡すその他の引き数。 PPPD_EXTRA pppd に渡すその他の引き数。 LINUX_PLUGIN 空でなければ、Linux カーネルモード PPPoE プラグインの完全なパス (一般には /etc/ppp/plugins/rp-pppoe.so)。 これを指定すると、Linux 2.4.x システムで adsl-con‐ nect に Linux カーネルモード PPPoE を使わせる。 これは実験的なものでサポートされていない。 このプラグインを使うと、adsl-connect は CLAMPMSS, PPPOE_EXTRA, SYNCHRONOUS, PPPOE_TIMEOUT を無視する。 別々の PIDFILE を設定してそれぞれの設定ファイルを使えば、 複数の PPPoE 接続を管理できる。 adsl-start と adsl-stop の引き数として、 その設定ファイルを指定するだけでよい。

pppoe(8), adsl-connect(8), adsl-start(8), adsl-stop(8), pppd(8), adsl-setup(8), pppoe- wrapper(8)
4th Berkeley Distribution 21 February 2000 PPPOE.CONF(5)
pppoe.conf(5).txt (日本語 / Japanese)
Index
Go top