SIMPLE SOLUTIONS

PREAD(2) - Linux manual

指定したオフセットでファイルディスクリプターを読み書きする.

2013-06-21
PREAD(2) Linux Programmer's Manual PREAD(2)

pread, pwrite - 指定したオフセットでファイルディスクリプターを読み書きする

#include <unistd.h> ssize_t pread(int fd, void *buf, size_t count, off_t offset); ssize_t pwrite(int fd, const void *buf, size_t count, off_t offset); glibc 向けの機能検査マクロの要件 (feature_test_macros(7) 参照): pread(), pwrite(): _XOPEN_SOURCE >= 500 || /* glibc 2.12 以降: */ _POSIX_C_SOURCE >= 200809L

pread() は、ファイルディスクリプター fd の (ファイルの先頭からの) オフセット offset から最大 count バイトをバッファー buf へ読み込む。ファイルオフセットは変化しない。 pwrite() は、バッファー buf から最大 count バイトをファイルディスクリプター fd のオフセット offset に書き込む。ファイルオフセットは変化しない。 fd で参照されるファイルはシーク (seek) 可能でなければならない。

成功した場合、読み書きを行ったバイト数が返される (ゼロは、 pwrite() の場合には何も書かれなかったことを意味し、 pread() の場合にはファイル の末尾に達したことを意味する)。 エラーの場合は -1 が返され、 errno がそのエラーを示すように設定される。

pread() では、 read(2) および lseek(2) で規定された全てのエラーが発生する可能性があり、 errno にはエラーを示す値が設定される。 pwrite() では、 write(2) および lseek(2) で規定された全てのエラーが発生する可能性があり、 errno にはエラーを示す値が設定される。

システムコール pread() と pwrite() は Linux にバージョン 2.1.60 で追加された。 i386 のシステムコールのエントリーは 2.1.69 で追加された。 (システムコールを持たない古いカーネルでの lseek(2) を使ったエミュレーションを含めると) C ライブラリにおけるサポートは glibc 2.1 で追加された。

POSIX.1-2001.

システムコール pread() と pwrite() は、特にマルチスレッドアプリケーションで役に立つ。 これらを使うと、 他のスレッドによるファイルオフセットの変更の影響を受けることなく、 複数のスレッドが同じファイルディスクリプターに対して入出力を行うことができる。 Linux では、裏で呼び出されるシステムコールの名前がカーネル 2.6 で変更された。 pread() は pread64() になり、 pwrite() は pwrite64() になった。 システムコールの番号は変更されていない。 glibc の pread() と pwrite() のラッパー関数はこれらの変更を吸収している。 いくつかの 32 ビットアーキテクチャーでは、これらのシステムコールの呼び出し時のシグネチャーが違っています。理由は syscall(2) で説明されている通りです。

POSIX では、O_APPEND フラグを指定してファイルをオープンした場合、 pwrite() がデータを書き込む位置に影響を及ぼさないことが 求められている。しかし、 Linux では、ファイルを O_APPEND 付きで オープンした場合、 offset の値に関わらず、 pwrite() はファイルの末尾にデータを追記する。

lseek(2), read(2), readv(2), write(2)

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。
Linux 2013-06-21 PREAD(2)
pread(2).txt (日本語 / Japanese)
Index English version of pread(2)
Go top