SIMPLE SOLUTIONS

QUOTA(1) - Linux manual

ディスクの使用状況と使用限度を表示する.

QUOTA(1) General Commands Manual QUOTA(1)

quota - ディスクの使用状況と使用限度を表示する

quota [ -F format-name ] [ -guvsil | q ] quota [ -F format-name ] [ -uvsil | q ] user quota [ -F format-name ] [ -gvsil | q ] group

quota はユーザーのディスク使用状況と使用限度を表示する。 デフォルトではユーザーの quota のみが表示される。 quota は /etc/mtab でリストされている全てのファイルシステムの quota を表示する。 NFS マウントされているファイルシステムに対しては、 サーバマシン上の rpc.rquotad に問い合わせを行なって情報を得る。

-F format-name 指定されたフォーマットの quota を表示する (つまり、フォーマットの自動判定を行わない)。 指定可能なフォーマット名は以下の通り: vfsold (バージョン 1 の quota), vfsv0 (バージョン 2 の quota), rpc (NFS 越しの quota), xfs (XFS ファイルシステム上の quota)。 -g そのユーザーが所属するグループの quota を表示する。 -u このフラグはデフォルトと等価である。 -v 記憶媒体が割り当てられていないファイルシステムの quota も表示する。 -s このオプションは、使用限度・使用容量・使用 inode を表示する単位を quota(1) に選択させる。 -i automount によってマウントされたマウントポイントを無視する。 -l ローカルファイルシステムの quota のみを表示する (すなわち NFS マウントされたファイルシステムは無視する)。 -q より簡潔なメッセージ (使用量が quota を超過しているファイルシステムの情報だけ) を表示する。 -Q rpc.rquotad への接続が拒否された場合にエラーメッセージを表示しない (これは通常 rpc.rquotad がサーバ上で動作していない場合に起こる)。 -V バージョン番号とコンパイルオプションを表示して、終了する (註: このオプションに関する説明は、日本語訳に際して追加された)。 -g と -u の両方を指定した場合、 ユーザーの quota と (そのユーザーの属する) グループの quota を表示する。 スーパーユーザーのみが、 -u フラグとオプションの引き数 user を用いて、他のユーザーの使用限度を調べることができる。 スーパーユーザー以外のユーザーは、 -g フラグとオプションの引き数 group を用いて、自分が所属するグループに対してのみ 使用限度を調べることができる。 -q フラグは -v フラグよりも優先される。

quota が 0 以外の状態を返して終了した場合、 1 つ以上のファイルシステムに quota の超過が存在する。

aquota.user ま ファイルシステムのルートに置かれた quota ファイル (バージョン 2 の quota, XFS 以外のファイルシステム)。 quota.user ま ファイルシステムのルートに置かれた quota ファイル (バージョン 1 の quota, XFS 以外のファイルシステム)。 /etc/mtab デフォルトのファイルシステム。

quotactl(2), fstab(5), edquota(8), quotacheck(8), quotaon(8), repquota(8)
QUOTA(1)
quota(1).txt (日本語 / Japanese)
Index English version of quota(1)
Go top