SIMPLE SOLUTIONS

SETQUOTA(8) - Linux manual

ディスク quota を設定する.

SETQUOTA(8) System Manager's Manual SETQUOTA(8)

setquota - ディスク quota を設定する

setquota [ -r ] [ -u | -g ] [ -F quotaformat ] name block-softlimit block-hardlimit inode- softlimit inode-hardlimit -a | filesystem... setquota [ -r ] [ -u | -g ] [ -F quotaformat ] [ -p protoname ] name -a | filesystem... setquota -t [ -u | -g ] [ -F quotaformat ] block-grace inode-grace -a | filesystem... setquota -T [ -u | -g ] [ -F quotaformat ] name block-grace inode-grace -a | filesystem...

setquota はコマンドラインによる quota のエディタである。 ファイルシステム・ユーザー名・グループ名・ そのファイルシステムに対する新しい quota を コマンドラインから指定できる。 -r リモートサーバ上の rpc.rquotad を使って、リモートサーバの quota を編集する。 -F quotaformat 指定されたフォーマットで設定を行う (つまり、フォーマットの自動判定を行わない)。 指定可能なフォーマット名は以下の通り: vfsold (バージョン 1 の quota), vfsv0 (バージョン 2 の quota), rpc (NFS 越しの quota), xfs (XFS ファイルシステム上の quota)。 -u 指定した名前のユーザーについてユーザーの quota を設定する。 これがデフォルトである。 -g 指定した名前のグループについてグループの quota を設定する。 -p protoname ユーザーまたはグループ protoname の設定を使って、指定した名前のユーザーまたはグループの quota を設定する。 -t ユーザー・グループに対する猶予時間を設定する。 時間 block-grace と inode-grace は秒で指定する。 -T ソフトリミットが実施された場合に、 個々のユーザー・グループに対する猶予時間を変更する。 時間 block-grace と inode- grace は秒で指定する。 また時間に文字列 'unset' を指定することもできる。 -a /etc/mtab で quota が指定されている全てのファイルシステムについて設定を行う。 quota を使わなくするには、対応するパラメータを 0 に設定すること。 複数のファイルシステムについて quota を設定する場合は、 各ファイルシステム毎にこのプログラムを起動すること。 スーパーユーザーのみが quota を編集できる。

aquota.user または aquota.group ファイルシステムのルートに置かれた quota ファイル (バージョン 2 の quota, XFS 以外のファイルシステム)。 quota.user または quota.group ファイルシステムのルートに置かれた quota ファイル (バージョン 1 の quota, XFS 以外のファイルシステム)。 /etc/mtab マウントされているファイルシステムのテーブル。

edquota(8), quota(1), quotactl(2), quotacheck(8), quotaon(8), repquota(8)
SETQUOTA(8)
setquota(8).txt (日本語 / Japanese)
Index English version of setquota(8)
Go top