SIMPLE SOLUTIONS

SOCKETPAIR(2) - Linux manual

接続されたソケットのペアを作成する.

2008-10-11
SOCKETPAIR(2) Linux Programmer's Manual SOCKETPAIR(2)

socketpair - 接続されたソケットのペアを作成する

#include <sys/types.h> /* 「注意」参照 */ #include <sys/socket.h> int socketpair(int domain, int type, int protocol, int sv[2]);

socketpair() は、指定されたドメイン domain に指定された種類 type で名前のないソケットの接続されたペアを作成する。 protocol が指定されると、このプロトコルを用いる。 これらの引き数の詳細は socket(2) を参照のこと。 新しいソケットの参照に使用するディスクリプター (descriptor) が sv[0] と sv[1] に返される。 二つのソケットは全く同じである。

成功した場合にはゼロが返される。エラー時には -1 が返され、 errno が適切に設定される。

EAFNOSUPPORT このマシンでは指定されたアドレスファミリーがサポートされていない。 EFAULT アドレス sv がこのプロセスで使えるアドレス空間を指定していない。 EMFILE このプロセスが使用しているディスクリプターの数が多すぎる。 ENFILE オープンされたファイルの総数がシステム全体の上限に達していた。 EOPNOTSUPP 指定されたプロトコルではソケットのペアの作成がサポートされていない。 EPROTONOSUPPORT このマシンでは指定されたプロトコルがサポートされていない。

4.4BSD, POSIX.1-2001. socketpair() 関数コールは 4.2BSD で現われた。一般に (System V の変種を含めて) BSD のソケット層のクローンをサポートしている、BSD 以外のシステムと、 互いに移植性がある。

Linux では、この関数でサポートされているドメインは AF_UNIX (または同義語である AF_LOCAL) だけである。 (ほとんどの実装で同じ制限がある) Linux 2.6.27 以降では、 socketpair() は、フラグ SOCK_NONBLOCK と SOCK_CLOEXEC に対応している。フラグの説明は socket(2) を参照のこと。 POSIX.1-2001 では <sys/types.h> のインクルードは必須とされておらず、 Linux ではこのヘッダーファイルは必要ではない。 しかし、歴史的には、いくつかの実装 (BSD 系) でこのヘッダーファイルが 必要であり、移植性が必要なアプリケーションではこのファイルを インクルードするのが賢明であろう。

pipe(2), read(2), socket(2), write(2), socket(7), unix(7)

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。
Linux 2008-10-11 SOCKETPAIR(2)
socketpair(2).txt (日本語 / Japanese)
Index English version of socketpair(2)
Go top