pragmatism first

UPDATEDB(1) - Linux manual

ファイル名データベースを更新する.

"
UPDATEDB(1) General Commands Manual UPDATEDB(1)

updatedb - ファイル名データベースを更新する

updatedb [options]

このマニュアルページは GNU 版 updatedb について記述したものである。 updatedb は GNU 版 locate で用いるファイル名データベースを更新するために用いられる。 ファイル名データベースには、最後に更新された時点において、 特定のディレクトリ以下に存在していたファイルのリスト情報が入っている。 デフォルトのデータベースのファイル名は locate と updatedb が設定・インストールされたときに決定される。 データベースの更新頻度と、 どのディレクトリの内容をデータベースにエントリとして追加するかは updatedb を実行させる頻度と実行時の引き数によって決まる。 ネットワーク環境では、 データベースをそれぞれのファイルシステムのルートに作成し、 そこにそのファイルシステムのエントリを持たせるようにすると良い。 そして各々のファイルシステムにおいては updatedb を (そのファイルシステムをローカルディスクに持っている) ファイルサーバで実行するようにすれば、 ネットワークの余分なトラフィックを防ぐことができる。 ユーザーは locate に検索させるデータベースを 環境変数やコマンドラインから指定できる (locate(1) を見よ)。 データベースを結合することはできない。 ファイル名データベースのフォーマットは GNU 版 find および locate のバージョン 4.0 から変更され、 バイトオーダーの違うマシン間でもデータベースを共有できるようになった。 新しいバージョンの GNU 版 locate は古いデータベースを読むこともできるが、古いバージョンの locate や find に新しい形式のデータベースを読ませると正しくない結果が表示される。

--localpaths='path1 path2...' データベースに取り込むネットワーク以外のディレクトリを指定する。 デフォルトは /。 --netpaths='path1 path2...' データベースに取り込むネットワークディレクトリ (NFS, AFS, RFS 等) を指定する。デフォルトではどこも取り込まない。 --prunepaths='path1 path2...' データベースに取り込まないディレクトリを明示的に指定する。 デフォルトは /tmp /usr/tmp /var/tmp /afs。 --output=dbfile 作成するデータベースのファイル名を指定する。 デフォルトはシステムによって異なるが、 通常は /usr/local/var/locatedb のことが多い。 --netuser=user ネットワークディレクトリを検索するユーザーを指定する。 su(1) が利用される。 デフォルトは daemon。 --old-format 作成するデータベースの形式として、 現在の形式ではなく古い形式を用いる。 --version updatedb のバージョンを表示して終了する。 --help updatedb のオプションに関するまとめを表示して終了する。

find(1), locate(1), locatedb(5), xargs(1) Finding Files (on-line in Info, or printed)
UPDATEDB(1)
updatedb(1).txt (日本語 / Japanese)
Index
Go top